新着Pick
610Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
うちの会社もシャープ同様資本的には外資系で、グループ社員約2,000人のうち200人ほど海外におり、今年から日本所属の幹部社員にも日本語できないメンバーも加わったので、公用語と呼ぶかは別として徐々に英語へのシフトを行っている最中。

全員が流暢に喋れる必要も無いし、日本人同士ではもちろん日本語で良いが、日本語が分からない人間がいるのに日本語の資料で日本語を話し続けるのは失礼だし、そんな環境に優秀な外国人は定着しない。難しいけど、この方向に進まなければまずい会社は多くある。
楽天グループに長年在籍している当事者ですが、あくまでも『公用語』が英語というだけであって、別に日本語を含む各自の母国語の使用を禁止されているわけではありませんよ(苦笑)
社内における最終的なアウトプットがすべて英語…というと分かりやすいでしょうか。取引先やお客様には当然日本語です。

社風という意味では、英語を含め外国語にアレルギーがある方はしんどいかもしれません。近年は本当に外国籍の社員が増え、社内では様々な言語が飛び交っているので。
反対に、英語をしっかり学びたいという意欲のある方にはとてもよい環境だと思います。
楽天の三木谷さんはGLOBE+のインタビューで、
「本当の意味でのダイバーシティー(多様化)の追求ということに成功しつつあると思っています。世界から人材を集めているので、本当に強烈、強烈な才能あふれる社員がたくさんいます」
「そういう意味では、日本人だけじゃない多様化された組織にすることによって、組織のダイナミズムを維持できている」
と語っていました。「英語にしていなかったら、楽天は終わっていた」とも。

シャープを世界ブランドにするため、世界的な人材獲得競争にどう勝ち抜くか、という観点での英語公用語化なら戦略として分かりやすいと思います。
もちろん、すでに英語でビジネスをしている世界企業と比べて魅力的であるか、優位性ある技術を持つか、といった点が問われるのだろうと思いますが。

【三木谷浩史】英語を社内公用語にしなければ、楽天は終わっていた
https://globe.asahi.com/article/14262178
親会社の台湾・鴻海精密工業出身のシャープ経営幹部は日本語で日本での運営に携われる方が多いと思いますが、欧米との交渉では英語を使うでしょう。こういう環境ですので、社内公用語を英語に変えるくらいでないと、今後シャープのような国際的なフィールドで日本人が活躍することは難しいと思います。同社および同社の親会社で日本人の活躍機会を増やすためにも必要な取り組みに位置づけられると思います。
シャープの大株主は台湾ホンハイ/フォクスコンです。これでグローバル人材登用が進んで、本格的な復活を成し遂げたら面白い事例になりますね。
英国を社内公用語にするメリットは二つある、と私は思います。
①語尾が曖昧になる日本語をやめて会議を英語ですることで、ロジカルに考えシンプルに発信する文化を社内に定着させること、②社内公用語のデフォルトを英語にすることで、社員が日本語に逃げられなくなる結果として①の達成確率が上がる。それに加えて、副次的効果として、③能力のある外国人を採用しやすくなる(これまで、能力はあっても社内で使いこなせないという理由で採用を断念していた人材を採れるようになる)、というのもありそうです。英語なんて少し頑張れば誰でも話せるようになるので、もっと多くの日本企業が、ビジネスの公用語を英語にするとさっさと決めて動けばいいのです。
今大学で自分の入っている部活に留学生の子を誘って一緒にやっているのですが、やはり部内で英語を話せる人がいないために孤独感を抱えているそうです。留学先に日本を選んだ彼らですら日本語が完璧ではないのですから、ダイバーシティを求めるならば英語をビジネスにおける公用語にすることは素晴らしいことだなと思います。

加えて、香港から来ている留学生に聞いたら、香港ではビジネスで必ず英語を使う(社内メールは全て英語)から英語を話せなければならない。だから英語を勉強している、と、社会に出て必ず英語を使うというシチュエーションが英語を学ぶ動機になっていました。この島国で、日本人しかいない中で英語を話すことが100%正義とは言いませんが、話せると世界中の情報が手に入るし、曖昧さから脱する思考が手に入るし、メリットが大きいと思います。社内公用語の英語化は本当に有意義な選択だと思います。
これって、まさかリストラ目的ではないですよね。
ビジネスには英語の方が向いてること多いですからね。こうして日本語は少しずつ本当に少しずつ、でも確実に消えていくのだろうな…日本語だから深まる思考って絶対あると思っています。それは人類にとっても大事な宝だと思うので、せめて芸術の言葉としては…ヘブライ語が命脈を保ったように…保つ努力をしたい。
日本の歌を世界のクラシックシーンで流行らせて残す!というのはずっとやっていきたいテーマです。
日産も公用語は英語だ。

しかし、公用語が日本語のトヨタを抜いたという話はない。

単に英語使っただけではダメなんだろう。
日本人は議論が下手だと思う。
シャープ株式会社(英語: SHARP CORPORATION)は、大阪府堺市に本社を置く日本の電機メーカー。台湾の鴻海精密工業(フォックスコングループ)の子会社。日経平均株価の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
6,419 億円

業績