新着Pick
175Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
Netflixの広告事業で参考になるのはストリーミングサービスに欠かせない安価なスマートキャスト端末×広告を提供しているROKUです。ChromeキャストやAmazonのfireスティックと競合しています。21年売上は約30億ドル弱。と伸び続けていますが、時価総額は100億ドル。この半年で激減しました。
一方でNetflixは売上150億ドル、時価総額は790億ドル。
ネット広告市場のシェアはGoogleとFacebookの二者寡占デュオポリー、Amazon加えてトリポリーです。これは大企業向けではなく、中小広告主が支えています。
何が言いたいかというと、広告やってもそんなにインパクトないのでは?という事です。そんなに簡単ではありませんよね。
Netflixが広告付きプランを本格検討。コムキャストとGoogleやどな候補。これは単純にニーズはあるし、ビジネス的にプラスは間違いないな
多分このせいかと思いますが、昨日のNetflixの株価は4.7%上昇。最近あまり話題になりませんが、本業周りで何を仕込んでいるか気になります。
広告の意義が明らかになるので良いですね!サブスクの限界も見えて来たタイミングですし。広告が悪者にならない展開を期待します。
huluなんかが既に取り組んでいますね。広告付きの代わりに低額で契約できるプラン。
アメリカ版huluだと学割を使えば広告付きプランが一か月たったの$1.99で利用できますし、実際に利用者も身の回りに多く感じます。

個人的には映画好きで、映画研究をしていることもあり、視聴体験中に広告だなんてありえない!と考えている人なので少し多めにお金を払って広告が付いていないプランを契約していますが、別に広告が途中で入ってもいいと考える人もいると思います。そういった人たちに選択肢を提供することで更なる契約者を獲得したいのだろうな、と思います。
この展開、GoogleもEUの独禁法の回避のため、
YouTubeの広告枠を他社へ開放しなきゃいけない。
https://gigazine.net/news/20220614-google-offers-rivals-youtube-eu-antitrust/

Netflixとの合わせ技一本が来るかな?

「ネットフリックスの広告導入、グーグルなど提携模索=WSJ」
https://jp.reuters.com/article/netflix-advertising-idJPL6N2YA01O
高くて広告なしを選ぶか、安くて広告ありを選ぶか?

選択の幅が増えるのはいいことだと思います。

従来からのサービス低下につながらない限り…。
選択肢を用意する、のですね。
これは、人々が
これまでのネットフリックスの広告なしの主義がどうだったか、
再認識、文字通り選択する機械になると思います。
※ 広告なしプランのサービスレベルも何か更新するでしょうか
ほえー
Alphabet Inc.(アルファベット)は、2015年にGoogle Inc.及びグループ企業の持株会社として設立された、アメリカの多国籍コングロマリットである。 ウィキペディア
時価総額
191 兆円

業績

業績

Netflix(ネットフリックス、ナスダック: NFLX)は、アメリカ合衆国のオンラインDVDレンタル及び映像ストリーミング配信事業会社。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、FAANGの一つである。2017年12月の時点で190ヵ国以上で配信事業を展開し、2018年の売上は157億ドル(1.57兆円)、契約者数は世界で1億2500万人。 ウィキペディア
時価総額
10.3 兆円

業績

業績