新着Pick
91Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
担当記者です。次世代リーダー研修の一番の目的は「社内トップ人材同士の交流の場を提供すること」とは、グローバル企業の人事が共通して仰ること。本稿を読むと、その意味がお分かり頂けると思います。是非、お読みくださいませ。
あえてAKB的な親しみやすい記事になっているとは思いますが、今の日本企業の危機意識はもっとシリアスで、参加者が多様性でこのグローカルなコミュニティに貢献できなくなれば、そのうち経済大国もしくは本社所在地として自動的に一定の枠があった日本からのシード権の参加枠が剥奪される危機もあり得ると思います。「日本人はグローバルでは使えない(言語だけじゃない)」と言う日本人社長や日本人人事担当役員も増えてます。
先日、SAPでも、積極的なグローバル研修を行っていると聞きました。MBAを目指すより、外資でトップタレントになる方が、断然早く成長しそうです。
国内で突き抜ければグローバルでもトップレベルに達することが出来ることを証明したという。兎に角、楽しく集中し、熱中すれば何らかの結果はついて来る。
とてもAgreeです、こういう意思がある人は素晴らしいです
「アメリカのものを日本に売るだけではなく、日本発信のものを世界に売ること。僕は日本人ですから、日本に貢献したいし、日本人の製品向上への飽くなき探求など日本の良さをもっと海外に伝えたい」
うーん、英語ができなくて通用するのは研修だけなんじゃないかなぁ?実務だとコミュニケーションできないと仕事にならない。
謙遜はあるものの、英語が苦手だが、自分の強みを最大限利用して世界と戦っていく姿は素晴らしいと思います。
確かにmbaよりいいかも
言語はツール、大事なのは思考と過去の実績
日本オラクル株式会社(にほんオラクル、英語: Oracle Corporation Japan)は、米国企業オラクルコーポレーション (Oracle Corporation) (1977年設立)が、1985年に日本で設立した法人である。国内を拠点とした情報システム構築のためのソフトウェア製品、ハードウェア製品、ソリューション、コンサルティング、サポートサービス、教育の事業を展開している。 ウィキペディア
時価総額
1.29 兆円

業績