新着Pick
87Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ECが普及する以前はハンズで買うしかなかった商品多かったなあ。というかハンズならあるだろ、的な。というわけで今は行きませんけど。
雑貨ではDAISO、無印が先行しており、彼らを見る限り、日本的世界観やそのためのプレミアム価格は受け入れられる素地があるということでしょう
雑貨で難しいのは調達面。仕入れ先は相当分散してるし物流も日本のようにはいかない。全て日本から輸出して日本より高い価格でいくのか、徐々に現地化を進めるのか
ホームセンターの海外展開が進まないのも同様の理由。こちらはデフレモデルなので決定的だが、バラエティショップでの付加価値をどこまで感じてもらえるかでしょう
アジアはまだまだ「品揃え型」が強いですね。これからライフサイクルが進んで、専門特化やECが伸びるとどう変化するのか楽しみ。
日本に来る外国人に人気のお土産は、伝統工芸品や家電もさることながら、消せるボールペンや可愛い付箋紙などのデザイン文具だそうです。ガイドブックで紹介されているのか分かりませんが、ハンズにも外国人客がいっぱい来てます。
アジアだけでなく、フランスやオーストラリアからも。取り扱う商品は違ってもよいが、店舗コンセプトや仕入れ~販売の仕組みなどを輸出するのはアリだと思う。
独資で進出したのですかね? 商品数が非常に多いので海外展開が少し大変そう。
個人的には10年前から本気で韓国招致を密かに狙っていました。←そんな金無いだろ
ビジネスは現場だ!お客様の声だ!ってのがもっともわからん分野。なんでって死ぬほど個人商店があって自分は片言英語で、おっちゃんはその国の言葉しか話せない状態でわいわいしてたら通りすがりの現地人がギリギリの通訳になってくれる。そんな感じなのに事足りるじゃん。たぶんあのトラディショナル^マーケットはハンズとスーパービバホームとドンキホーテが束になってかかっても敵わない。ハンズのレベルの店員知識や品揃えが必要なのか?探して見つからなかったらカブの後ろに乗れよって言われて5分ほど爆走して部品発見とか余裕だし。なんて言われてた日本の小売店もイオンとかダイエーにぼこぼこに破壊されたんだから分かんないか。
日本独特の「かゆいところに手が届く」商品は世界無二の物でグローバルに通じると思う。
ぜひがんばって欲しいです、期待。
小さい商品を数多く陳列する東急ハンズ、それも品質も保ちながら、これは真似するのは難しいだろうね。なるほど!
テストマーケティングとして使うのはありですね。ハンズには無いものはない!と思ってるので、まずはハンズに行って探してみたり店員に聞いたりすることはあります。
確かに便利!
株式会社東急ハンズ(とうきゅうハンズ、英語: TOKYU HANDS INC.)は、大都市を中心にホームセンター・雑貨店をチェーン展開する企業。東急グループに属し、東急不動産ホールディングスの傘下にある。TOKYUポイント加盟店。 ウィキペディア