新着Pick
66Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「管理する」でなく「心酔させる」。これぞリーダー。
永守氏はどうか分からないが、オーナーの下で生き残るはなかなか大変だ。美談ばかり語られることが多いので、あえてあまり語られない部分を書いておこう。オーナー企業では、仕事ができなくても、でき過ぎてもいけないのだ。仕事ができると、最初はオーナーに重宝される。しかし、社員からの人望が高まり、社内で存在感を持つようになると、うとまれるようになる。オーナー企業では、目立ち過ぎると生き残れないことが少なくない。だから「番頭」と呼ばれる人ができる。これは大企業となり、エクセレント・カンパニーと言われるようになった企業でも、よく目にする。いくつもの実例を見てきたからこそ、老婆心ながらこれからオーナー企業に入られる方の参考になればと思う
永守さん、「子分にしてやる」とは正に親分肌。無理な注文も受けたというが、それが技術力アップには繋がった。大番頭あっての大将。
日本人のおっさんが好きそうな記事
「BANTOU」Coolだね
--
「BANTOU」は経営マネジメント力▽現場を統率する人間力▽そして社内外を調整するバランス感覚-のすべてを兼ね備えている必要がある。
「番頭」の出来が企業を左右するといっても過言でないかもしれない。逆に優秀な番頭が社長にならなくてはいけない企業は厳しいのかもしれない。
これいいなぁ。自分も自分にトップに立つ素養がないと気付いた時から働き方を変えてるつもり。
あくまでケースバイケースでしょう。
番頭は本当の親分に出会えるか。それまでは自分でやろうと思うんだろうな。突然電撃が走って、あ!この人だ!と思うのかもしれない。
これ読む限り日本電産は代替わりの時にマネジメントチームが丸ごと入れ替わるってことですね。
日本電産株式会社(にほんでんさん、英語: Nidec Corporation)は、京都府に本社を置く日本の電気機器製造会社。 ウィキペディア
時価総額
4.52 兆円

業績

ティアック株式会社(英語社名:TEAC Corporation)は、日本の音響機器メーカー。計測機器や計測システム、計算機周辺機器の製造販売も行っている。2013年に米国のギターメーカーであるギブソン社の子会社となった。 ウィキペディア
時価総額
57.0 億円

業績