新着Pick
153Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
それでいて49ersの経営陣が口々に言うのは「スポーツというのはemotional で inspirational なもの。心からの感動体験をどう作り出すか、それがわれわれにとってのUser Experienceだ」と言います。
ここが至言。おもてなし日本にはチャンス!
『この数年でシリコンバレーに起こった大きな変化は、テクノロジーからユーザーエクスペリエンスへのシフトだ。』
「デジタルおもてなし力」を磨くためにも、人間の本性についての洞察が不可欠。これまた楠木先生の論考が参考になります。https://newspicks.com/news/719080/
アメリカはMLBもそうだけど、スポーツへこの手の物が入るの本当に早いね。
あーー、2020年にはこの手の仕事に携わっていたいー!

日本はまた、旧来型の大手広告代理店に丸投げでその先も鈍重な大手SIerが受注して、微妙なコンテンツ作るんだろうな。
SAP馬場さんの連載第9回。今回も内容が濃い! 元フェイスブックで現在49ersの共同オーナーとなったGideon Yu氏の言葉「全てを統合したスタジアムOSを作る」。スタンフォードでの授業「Digital Engagement」。そしてシリコンバレー語の数々「シリコンバレーの人間が崇拝するある種の信念のようなものだが、われわれは少数の人間で世界を変えられると考えている」。シリコンバレーらしいチーム作りを進める49ersの話は本当に面白い。
東京オリンピックのプレゼンテーションで日本は「お・も・て・な・し」をウリにした。2020年の大会本番でアナログな「おもてなし」と同時にデジタルな「おもてなし」をいかに提供できるか?素晴らしいデジタルな「おもてなし」をすでに体験している、外国人観光客に日本の「おもてなし」の良さを感じてもらうために、真剣に考えないといけない気がした。
サッカーユーロ2016予選をVIPで観戦してみて、その良さがわかった。デジタルを含めて、ユーザー体験は向上させる余地がたくさんある。観客席にVIP用ジャクジーとかどうなんだろう?
こりゃ面白い。まさにtechnology→UXの時代。
-----
シリコンバレーに行くと、これでもかってほど、ユーザーエクスペリエンス、ユーザーエクスペリエンス、ユーザーエクスペリエンスと聞きます。そのためにシンプル、シンプル、シンプル……とも呪文のように聞かされます。これはある種のシリコンバレー語だと思います。英語うんぬんではなく、シリコンバレー流プロトコルで表現され、文脈が詰まったシリコンバレー語です。
日本のカラオケや一部の居酒屋は、かなり「デジタルおもてなし力」が高いと思う。スタジアムがしょぼいのは、そもそもそこにテコ入れする経済合理性が無いからだけでは。アメリカは老若男女スポーツ観戦好きだからなぁ。
リーバイススタジアムに移ってからもファンの間での暴力事件が絶えない。ハードを良くしても入る人達がね…VIP席じゃなきゃ安心して子供も連れていけないってのが実情か
Facebook(フェイスブック、FB)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州メンローパークに本社を置くFacebook, Inc.が運営する世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)である。Facebookという名前は、アメリカ合衆国の一部の大学が学生間の交流を促すために入学した年に提供している本の通称である「Face book」に由来している。 ウィキペディア
時価総額
58.1 兆円

業績