新着Pick
5Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
国際保健規則(IHR)に基づきWHOが開催する緊急委員会は、一度「緊急事態宣言(PHEIC)」を出した後は、3ヶ月おきに開催されます。

緊急委員会から毎回出される勧告(正式には「暫定的勧告」という)は、法的拘束力があるわけではありません。したがって、勧告の内容はあくまで「WHOの立場としては」ということであって、実質的な政策は各国政府がその主権に基づき、各々の基準と責任で実行します。

PHEICが出されると、日本政府としては、まずは検疫対応を強化するということが一般的です。
欧米を中心に感染が拡大している動物由来のウイルス感染症「サル痘」を巡り、WHOは「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」に相当するかどうかを検証するため、23日に緊急委員会を招集するそうです。