新着Pick
137Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ひと昔前の私なら、侮辱罪の厳罰化には絶対反対でした。侮辱の定義は極めて曖昧で、悪意による適用も可能で、ロシアや中国で起きているような言論統制に道を開くからです。ただ、SNSの広がりに伴い誹謗中傷による人権侵害は看過できない状況になってしまいました。この抑止力として侮辱罪の適用は有効と思われます。今はとにかく誹謗中傷の嵐をいったん食い止めることが必要です。そして、リテラシーの向上により人の尊厳を守る発信を実現していきたいと願います。大変困難な道ですが、不可能ではないと信じています。
例えば政治家を批判して、それを相手が社会的評価を貶めた、と言う場合、侮辱罪にあたるのだろうか。そんな事になれば、政治家の批判など出来なくなってしまう。
侮辱罪の厳罰化は、いまのSNS上で日常的に行われている誹謗中傷を考えると、時代によって生み出された改正法なのだと思います。ネット上で中傷を行った人物をこれまで社会部で複数取材しましたが、共通して見えてくるのが、呟きの先にいる不特定多数を理解できていないことです。

https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/40085?display=1

余りに軽い気持ちで中傷がなされている現実をみると、厳罰だけでなくネットリテラシー教育などの義務化も必要だと考えます。
ネットの誹謗中傷で自殺を考える人がいるなかで侮辱罪の厳罰化は必然のように思われるので私は賛成派ですね
厳罰化より、どれだけ警察が摘発するかにかかっていると思います。

「侮辱罪容疑で逮捕された」とニュース等で報じられればかなりの抑止効果があるでしょうが…寄せられるたくさんの告訴や告発に警察が対応するにはマンパワーが足りないはず。

侮辱罪に該当するか否かのマニュアルが必要になってくるのではないでしょうか?
この変化自体はすごく評価できます。少し前のインスタグラムには、少し有名なインフルエンサー程度の投稿等にも必ず執拗なアンチコメントがついていた印象です。個人情報の開示、職業否定、強い言葉を使っての人格否定、侮辱行為など。しかし現在、木村花さんがニュースになった後、中傷コメントに対する意識が変わり、ネガティブなコメント等が減ってきている印象です。意識が変わるだけでもだいぶ違うと思います。今回の誹謗中傷が刑事罰の対象となるというものも、市民のネットリテラシーを上げるためには必要だし大切だと思います。

まぁどこからが誹謗中傷の取り締まりで、どこからが表現の自由の制限の域に入るのかは明確にすべきかもしれないですね。ここで刑罰の対象となっているのは、人の意見に適切な反論をすることの制限ではなく、ひとりの人間に対して寄ってたかって人格否定をすることでしょう。
政治家なので、ネット上での誹謗中傷を受けることも多く、今回の「侮辱罪」厳罰化で抑止効果に期待したいと思います。でも、実際の適用や摘発は、なかなか簡単にはできないと思います。
基本的に厳罰化には反対
前田慶次
「口舌の刃で人を斬るとは、なんともやりきれん」

とは言い得て妙で、言葉には人を殺してしまう力さえある。
諸刃の剣になるかもしれませんが、
社会全体の抑止になれば良いと思います。