新着Pick

夢膨張のアントレプレナー孫正義の経営 - DHBR

Diamond Online 経営・戦略
壮大なビジョンを掲げ、大胆な経営者のように思われがちな孫正義氏。しかし、実際の発言や経営行動は一貫しており、リアルな戦略と方法論を持つことが分かる。第2回では孫氏の「緻密な戦略的経営者」から、プロ経営者の条件を考える。
406Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
よくまとまってるね。Y!BBモデムとUTスターコム、iPhoneの販売権獲得とボーダフォン買収の話とかもかいてほしかったね。エグい部分
素晴らしい分析
孫さんのすごいところは、緻密なリスク分散による信じられないくらいの大規模投資
そして、その投資を信じさせる熱いビジョン
スプリント買収も円高時期に借金でやってるからきづけば、円安で30%も利回りしてる換算(円建て借金であれば)
稀代だよね
リスクはとるけどギャンブルはしない。
今年の春に慶應ビジネススクールから早稲田ビジネススクールに移った山根先生による、ソフトバンクおよび孫正義氏の経営戦略分析。山根先生が書いたソフトバンクに関するケース教材の抄訳版のようになっている。読み応えたっぷり。

ソフトバンクの創業時から今まで変わらないミッションは「情報革命のインフラの提供者になる」というもの。投資先の目利きとそのリスクテイクは孫氏によるものが大きいが、それを裏で支えた資金調達戦略もこれまでのソフトバンクの成長の説明には欠かせないピース。特に、いまはSBIグループとして孫氏と友好的に袂を分かった北尾氏をはじめとした初期の財務担当チームの役割、そして1兆円を超えるLBO借入をもとにしたボーダフォンの買収とその後のファイナンシング。こういった華やかに夢を語る孫氏の足元を支え続けた財務部門の役割についても触れて欲しかったというのは欲張りだろうか。
小さい頃から、勉強とともに人脈の大切さを理解しているところがすごい。人脈作りに明確な戦略を感じる。
従業員10人に満たないヤフーに100億円投資する勇気。

>ヤフーは当時10人に満たないベンチャーだったが、ジフが注目していたのだ。孫氏はヤフーに何と100億円もの出資をするのだが、この勇敢さは誰もが真似できるものではなかろう。しかし結果としてこれが後に数兆円もの利益をソフトバンクにもたらすのである。
「勇敢な経営者」こそ、大きな仕事ができる。
先日の講演でも、革命やインパクトの担い手はベンチャーである必要あるんですか?と聞かれたけど、以下の通りだね。
「情報革命を担うのは誰か。それはいつの世もベンチャー企業である。大企業は過去に蓄積した資産を引きずっているので動きが鈍い。その資産を無価値にするような革新に対して防衛的にならざるを得ない。これに対してベンチャーは失うものがなく、革新をリードして次の時代の主役を狙う。だからベンチャーは、革命のドライバーになるのだ。」
"情報革命のインフラの提供者になりたい"

外野からの騒音を物ともせずに創業時からブレない姿勢は是非とも見習いたいところです。
決断力と行動力がズバ抜けていますよね。『これは来る』と思っても何十億、何百億を投資する人も、それを相手に受け入れさせる人も少ない訳で。
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く持株会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
10.0 兆円

業績

新着記事一覧
放射線レベルの高さより、人間がいない場所を好んだ動物たち。福島の避難指示区域で闊歩してました
ギズモード・ジャパン
4Picks

Superflyが語る「自分らしくいること」で培った新たな視点
Rolling Stone Japan
3Picks

「日本は稼げない国」、優秀な人材はやってこない 外国人に見捨てられる日本の現実⑤ - 出井康博 (ジャーナリスト) - WEDGE Infinity
BLOGOS - 最新記事
3Picks

新築ワンルームマンションは「買ってはいけない」 - 内藤忍
BLOGOS - 最新記事
3Picks

アマンダ・サイフリッドが語る女性としての生き方や憧れの人、美の価値観、子育てまで
WWD JAPAN.com
4Picks

クレイトン・クリステンセンさんが死去。「イノベーションのジレンマ」で知られる経営学者
ハフポスト日本版
99Picks

アソビズム、『城とドラゴン』で「リーグ」&「みんなで到達ミッション」を26日より開催! ドラゴンメダル最大50枚ゲット
Social Game Info
2Picks

この国で「長時間労働」がまかり通る本当の理由 - PRESIDENT Online
BLOGOS - 最新記事
2Picks

日本の育休が「制度は最高、取得は最低」なワケ - PRESIDENT Online
BLOGOS - 最新記事
2Picks

この国で「長時間労働」がまかり通る本当の理由 - 企業には痛くもかゆくもない軽罰則
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
3Picks