新着Pick
150Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ペッパーよりもヒントにあふれるロボットとの関係性。動画必見。情感ある情報サポートとは何か?これって日本が得意な領域だよね
ロボットにしてもAIにしても、toCで入るためには愛嬌はキーだと思う。誰かが言っていたが「Windowsの最大の発明は、バグがあってもそのまま出荷していいという基準を作ったこと」という名言がある。普及するためには期待値の管理がとても重要だし、ロボットにおいてもそうだと思う。ヒトに似せすぎず(似るとそれに比例した期待値も持つ)、一定の愛嬌を持ち間違えても許されるというのは、複雑な社会性を持つ人間社会に入るためにはとても重要。
このところかなりの盛り上がりを見せる一般用支援型ロボットの可能性。個人的には、人のかたちに近づけるアプローチよりも、このジーボのようにより機能に忠実なかたちのほうが生活の中にはフィットするように感じている。人型ロボットへの憧憬はそれこそコンピュータの登場以来のものだが、実は必要性の大部分は人型の物理形態を求めていないと思う。「人格」という存在が人とコンピュータの対話に重要なものだとするのなら、それは必ずしも人の形態を要請せず、自然言語型対話型プログラムの追求にもっと注力すべきと思うのだが。今後3-5年の動きがその後の趨勢を多くを決めるだろう。
つかってみたいね
ロボットに愛嬌とか必要なく、むしろロボットを使って暇になった時間を使って人間とコミュニケーションしたいよ。
家庭用ロボットの今は「飛べ、鬼奴!」的なイメージが限界なのかもしれない。
もう人間が支配される日も遠くないね。