新着Pick
181Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
まず1つ重要なのは、これが、「2022年度12月末までに」達成される、ということですね。
 それまでは、EU各国とも、ロシア原油の輸入を続けます。
 ドイツのように、「8月までには輸入を半減させる」という独自目標を掲げている国もありますが。
 EUの、全会一致でなければ決定できない、という規則が、ハンガリー1国の反対によって、ロシアへの制裁効果をかなり弱めることになりました。
 ロシアから見れば、EUというのは、1か国を切り崩せば操れる相手、ということになります。
日経の記事でもコメントしましたが、妥協はヨーロッパお得意のパターンです。あとは、実効性でしょうか。

やると言えばやる組織ではないので、その「ヌエ」のような組織的な性質をきちんと理解したいところです。
元々25%しかロシア依存していなくて、海上からの流通ルートが多い石油禁輸の方がEU.にとってはハードルは低い。しかも、半分は製品輸入(軽油やガソリン等の形)での輸入なので、ロシアがEU外に輸出して、精製してしまえばどこが原産かは判別はつかないし、既にギリシャ沖での積み替え(STS)が横行しており、ガスよりも抜け道が多い、欧州向けの輸送量減少分の殆どを買い取っているインドのような国の行動をどこまで抑えられるかで、その効果が決まる。

困るのは、ロシアからパイプラインでのみ輸入している内陸のハンガリー等の国で、代替流通ルート確保等の為に1800億ユーロをEUに要求していたが、今回の合意ではどの金額で手が打たれたのかが注目される。

また、イタリアは対露制裁の影響で、シチリアにあるルクオイルの製油所がルクオイルとしか取引できなくなり、ロシア産100%となってしまっている問題がある。島の雇用問題でもあり、止めるわけにもいかず、国有化が議論されている。

今年は米国をはじめとして、IEA加盟国で平均110万バレル/日程度が備蓄解放されているので、中東産油国等のOPEC+が元々の増産計画通りに進めば、年内にロシア産輸入をほとんどゼロにする事は、計算上は可能。ただ、備蓄解放は年内に終了する予定で、その後も戦争が続き、厳格な禁輸を続ける事は難しいだろう。

問題は、ロシア側が順番に供給を止めているガス供給の方。もうすぐデンマーク向けガス供給も止まると見られている。EUのLNG輸入キャバは既にフル稼働だが、次の冬に向けた在庫蓄積は昨年並かそれを下回る趨勢。EU側にとってガス供給停止は耐えられないが、ロシアにとっての打撃は石油の10分の1(輸出額ベース)。この非対称性と、政治的建前、外交当局とエネルギー当局のミスコミュニケーションから導かれる結果は、かなり厳しいものとなるだろう。
フォンデライエン委員長もツイートしていますね。
「I welcome the #EUCO agreement tonight on oil sanctions against Russia.
This will effectively cut around 90% of oil imports from Russia to the EU by the end of the year.」
https://twitter.com/vonderleyen/status/1531396163185827843?s=20&t=J9qXh-nINRkSkmWc-3YcnA
欧州委員会が27加盟国に石油輸入制限を提案したのは5月4日。EUの第5弾制裁までは迅速に意思決定できていたが今回の第6弾は1ヶ月もかかってしまった。ハンガリー、スロバキア、チェコのパイプライン経由の石油輸入は制裁の適用除外となる。それでもロシアには痛みを与えることになる。
北朝鮮問題もロシア問題も同じだけれど、日本が威勢よく、イケイケドンドンで、制裁活動の最先端を走って、その他の国は、チャッカリと、自国の利益になるところで手を抜いているとき(ロシアから欧州諸国に延びる石油パイプラインは機能し続けている)、日本経済だけが損失を計上することになる制裁を続けるのは外交ではない。ロシア、中国、北朝鮮、韓国に対するイケイケドンドンの報復は、国政レベルの選挙での得票にはつながるだろうし、一部の月刊雑誌の売り上げ増にはなるだろう。しかし、外交には戦略というものが必要だ。
船舶保険への制裁が抜け道の多くを防ぐという説もある。
倉庫から無限に兵器が出てくるロシアの力をどれだけ削ぐことができるか。

https://twitter.com/KS_1013/status/1531670928425635841?s=20&t=alzqRmkuA-yQXrf12ghHKw

ついに目覚めたドイツ
https://milirepo.sabatech.jp/bundeswehr-will-be-europe-natos-largest-army/
今ドイツにいますが、ガソリンとかすごく上がってるみたいです。
これだけの痛みを伴っても進めるという強い決意なのでしょうね。