[ダボス 25日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのクノット・オランダ中銀総裁は25日、年内はバランスシートの縮小を議論する可能性は低いとの見解を示した。政策正常化は利上げに焦点を当てるべきだとした。

世界経済フォーラム(WEF)の年次総会(ダボス会議)で「われわれは、バランスシートには当面手をつけない、あるいは少なくとも利上げよりずっと後だと言ってきた。少なくとも今年の終わりから来年にかけては、議論されることはないだろう」と述べた。