新着Pick
76Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
2003年に委員会設置会社(現指名委員会等設置会社)に変更されたにも関わらずこの体たらく。

考えてみると、指名委員会等設置会社の業務執行は執行役に大幅に委任することができるので、経営者支配が貫徹される形態だ。

江頭先生は、その著書『会社法』で、モニタリング・モデルの純粋型はドイツの監査役会で、日本の指名委員会等設置会社は不徹底だと書かれている。

取締役会の監督機能の実効性が具体化されないと、かえってガバナンスは緩くなる。

この点を三菱電機は誤解したのだろう。
だから、取締役のうち2名が執行役を兼ね、経営の監督と執行との分離が徹底されていない。

つまり、三菱電機は、指名委員会等設置会社だから、この体たらくなのだ。

ガバナンスの研究者は事実を直視し、徒に「ガバナンスブーム」を煽るのを止めるべきだ。経産省も同じ。
「「再発防止の徹底は、…いかに現場を巻き込むかが一番大事な点の一つだ」って、現場はほっておくと悪いことをするという前提で話してません?現場や技術者はそれぞれの誇りがあるはず。それを失わせたのは何かに切り込まないと同じことが起きるのでは?
コレはいけませんねぇ、いくら韻を踏まれても

「不正を惰性のように続けた」

品質チェック体制強化だけでなく、チェックすべき品質要件とチェック工程そのものの見直しを同時にすべきでしょうねぇ でないと一時無理して戻っても、続かないと思いますねぇ

ニホンメーカーによくある、「相反する要件(とチェックに必要な工程数) の全てを無理なレベルで達成して下さい」という現場を理解しない (出来ない)上からの指示にマジメに従おうとした結果の疲弊→不正、その後の前例維持バイアス (これもニホン文化)に、なっていたのではないのですか?
かなり昔から行われていて、徹底調査でも明らかにできなかったようなので、不正を不正とすら認識できていない状態です。
認識できていない人に認識を求めても、気が付くことはできません。従業員が業務において疑問を持つことや、怪しそうなポイントに気が付くことすらできなくなっているとすれば、自浄作用が働かない極めて恐ろしい状況です。

「悪の陳腐さ」が想起されますね。
不正防止より前例踏襲のほうが大事。

そういうことですよね、40年間も不正を続けるって。当人たちにとっては当たり前のことをやっただけ。

こういう企業のなかで、出世であったり生き残りのためには、ミスをしないこと。そのための最高の方法は前例踏襲。

それで上手くいかなくても、自分の責任ではないって言い逃れできますから。ダメな日本企業の欠点の典型例になってしまいましたね。
「不正を行うことが当たり前になり、惰性のように続けていた」
衝撃的なお言葉ですが、コスト削減や生産効率を優先し、不正を行うことが当たり前に継続していた様子がわかります。
調査はまだ継続しています。信頼回復までの道のりは長いと言えそうです。

日本経済新聞の記事もご参照。
【三菱電機、不正「悪いと思わず」 管理職の権限見直しへ】
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC206560Q2A520C2000000/
自治体の誤送金もそうですが安易に再発防止を求めて現場の運営が混乱をきたしている状況に見えますね。本来の原因がパッチにパッチを重ねたような自然な働き方と真逆の業務になっていて働き手からして何故それをやるのか?その効果があるのか?それをやって製品が良くなるのか?と言った素朴な疑問を感じてしまうようなハンコだらけ指差し点検だらけ書類だらけになってそうです。人種差別ジョークに某国人が天井の電球を交換するのに必要な人は何人?というネタがあり「5人。椅子の上に立って電球を掴む人が1人、そいつを椅子ごと持ち上げて回転させる人が4人」なんて言われますね。おそらく現場ではそんな感じになってそうです。再発防止策としてダブルチェックなどのはいはい再発防止策しときますね的にその場凌ぎで作ったパッチをまずリセットします!とか言えるといいですね。
不正を惰性 ライム…
三菱電機株式会社(みつびしでんき、英語: MITSUBISHI ELECTRIC Corporation)は、日本の大手総合電機メーカーであり、三菱電機グループの中核企業。同社は、1921年(大正10年)1月15日に三菱造船電機製作所(神戸)から分離独立する形で設立された。日経平均株価およびTOPIX Large70の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
3.12 兆円

業績