新着Pick
36Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
中国減速すればコモディティーに値下げ圧力かかりますから痛しかゆしです。
足元の経済活動停止の厳しさもさることながら、出口戦略の見えづらさが見通しに影響しているとすると、仮に近い将来、戦略を180度転換しコロナ容認政策に転じた場合の経済見通しが気になります。

中国製薬メーカー各社はファイザーの経口薬Paxlovid又はジェネリックの製造ライセンスを既に取得しており、全国に経口薬が行き渡れば入院患者数が激減しロックダウンを行う必要も無くなります。そう考えると、いつ政策が180度転換されてもおかしくないように思います。
ゼロコロナ政策による3~5月の実害を織り込めば、これくらいの下方修正になると思います。また、今後ゼロコロナ政策が再発動される可能性を考えると、もう一段の下方修正リスクに備えておく必要があると思います。
中国だけの問題ではなく、中国内や中国向けのビジネスをしている日本企業にも悪影響が出る可能性が高いです。

ゼロコロナ政策という人災を早急になんとかして欲しいです。
日本もアジア圏として、今後の株式市場の足枷になりそうです。
コロナが終息、ウクライナ問題も落ち着きを見せたとしても、まだまだ不安定な時期が続く可能性高いですね。
足元の厳しい現実を見るとありうる数字かと。アジア経済・日本経済にも少なからぬ影響があります。
中国の需要面も心配ですが、世界経済にとっては供給面がより懸念されます
たとえばTeslaやAppleへの影響も大きいでしょう
当初2%の下方修正だったものが、最終的には3%に。3%の下方修正!です。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません

業績