新着Pick
167Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ゲームやテレビの子供の知能への影響は関心が大きいテーマなので、星の数ほどの研究があります。結果はまちまちでコンセンサスはありません。良いというものもあれば悪いというものも。結局は条件次第、ということでしょう。ゲームが一概に良いか悪いかではなく、むしろどういう条件ならばプラスに働くか、という方が生産的な議論かもしれません。

本記事は、すでに星の数ほどある研究に、新たなものが一つ加わったというだけのものなので、この一件を持って結論に至るのは早計です。カールセーガンが言ったように、Science demands a tolerance for ambiguityなのです。

それはそうと、星の数ほどある研究がほぼ一致して良い効果を認めているメディアが一つあります。

絵本です。詳細はここらへんに。3ページ目あたりにあります。
https://president.jp/articles/-/53726?page=1
『ゲーム脳』で脳が溶ける研究されてた時代もあったが、、、ゲームに不安がある時代はネガティブな効果を調査し、向社会的になるとポジティブな効果を調査する、ということなだけな気もしている。

子どもたちは平均して1日にテレビを2.5時間、ソーシャルメディアを30分、テレビゲームを1時間プレイしていたという。そして、9〜10歳時に平均より長くゲームをプレイしていた子どもは、男女関係なく2年後の測定でIQが平均より約2.5ポイント高くなっていた
ゲームは子どもが意欲をもって思考し、試行錯誤できるツールなので、子どもの能力が伸びるのは自然なことだと思います。ただ、多くのゲームは最初は戦略・戦術を考える要素があるのですが、だんだん反射神経勝負になったり、惰性的な作業で快感が得られるようになっていたりと、そういう中毒性があるように設計されています。ゲームを極めるのも1つの道ですが、学びに活用するのなら、よく設計されたゲームを利用するのがいいと思います。
なんにせよ、受動的に、無思考でやることに意味はないのでは。
ゲームは無思考系は少ないような感覚はある。テレビなど視聴系は無思考によりがち。