新着Pick
181Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
訪日外国人の人数は、コロナ禍前の2019年には3100万人を超えており、1日あたりの人数は約8.5万人です。この水準と比較すると上限2万人という数字は、約24%にすぎません。受け入れ人数拡大で幾分ましにはなりますが、コロナ禍前には遠く及びません。

数字は、検査などへの対応の手間から計算した限界値なのだと思います。手間を省略しても良いようになれば人数を順次拡大できるという性格のものでしょう。日本への留学生にはこの問題は深刻度を増しており、一時帰国した留学生が相変わらず再入国できていません。日本の入国管理局がボトルネックになっているようで、「順番待ち。入国がいつになるかははっきりしない」などと説明を受けているようです。多くの留学生は現在も日本で学べない状態が続いています。

国内での感染レベルよりも感染レベルが低い国からの入国に対して制限を設けることは科学的に合理的な政策ではありませんが、日本は国内向けに対しては緩い(行動制限や検査すら義務化できない)のに「外国からの出入国」に対しては「一律厳しく」しているために、このようなことが起こっているようです。日本の入国管理業務に携わる業務の非効率性などとも関係していそうです。
市中感染が起きてしまっている状態での厳しい入国制限は疑問です。意味がないと思います。デメリットの方が多いと思います。もっと引き上げていいはずです。そしてマスク着用緩和に政府が躍起になっていることも疑問です。マスクの効果は明らかであり、日本ではマスクが受け入れられています。無理に反転する必要はないと思うのですが。
入国時のボトルネックが空港での検査待ちだったので、そこが劇的に改善されるのはありがたいですね。今の基準だと、最も高いリスクの国って殆どないはずで(現時点で3日間待機がある国は南アフリカやロシアなどの数国)、なぜ上限を2万人にするのかは疑問ですね。

あとは入国時のPCR検査のフォーマットを日本独自指定にするのは本当にやめて欲しいですね。日本独自フォーマットを使うことでリスクが下がるわけではないですし、主要国で独自フォーマットを求めるケースって日本以外あるんですかね?
入国数には、訪日外国人だけではなく、入国日本人数も含まれる。
2019 年が5,191 万人(訪日外国人旅行者数3,188 万人、入国日本人数2,003 万人)で1 日平均で 14.2 万人。
2020 年が 780 万人(同412万人、同368万人)で1 日平均 2.1 万人。

これと比べると、まだまだ先は長い。
一方で、中国、台湾、香港等のグレーターチャイナで、2019年は訪日外国人の53%を占めており、グレーターチャイナがゼロコロナ政策による海外渡航を制限していることを鑑みると、実質的には10万人程度が最大値であり、1日上限2万人は5分の一の水準。

参院選を前にして慎重な運営をしている岸田政権としては、かなり譲歩しているとも言える。
多くの国民が保守的な運用を求めていることを鑑みると、本格的な解禁は、参院選で自民党が大勝したあとの8月以降になると思われる。
6月以降も引き続き入国前PCR検査は必要です。
変わるのは、あくまでも入国時手続きです。

イギリスでG7並みにする!と岸田さんが言ったのは、入国手続きのことだったのですね…
日本入国前PCR検査の精度が高い国、真ん中、低い国と3つのグループに分けて、

精度が高い国→全ての入国者が入国時テストなし
真ん中の国→ワクチン3回接種済者は入国時テストなし
低い国→全ての入国者が入国時にテストを受ける

高い国と真ん中の国となるのが190ヵ国強となり、大半の先進国は高い国にグルーピングされるので、入国手続きは、シンガポール並みまではいきませんが、劇的に改善されます。

問題は入国者数の制限。
これは6月以降、参議院議員選挙を睨みながら、段階的に引き上げするものと予想しています。
→完全に選挙対策かと
コメントするのも馬鹿馬鹿しいことで、論より証拠です。人数制限などいりません。  4月下旬から一か月独仏伊トルコチュニジアと観光旅行をしてきました。どの国も地域も事前事後の陰性証明など求めませんでした。ワクチン証明もチェックイン時に見せたり見せなかったりですです。逆に、マスクはイタリアでは日本の市販されているずさんなものだと列車を降車させられますから、より合理的でした。アベノマスクなど論外なのでしょう。でも道を歩いている人はほとんどマスクをしていませんし、遊園地も国際空港も人でごった返しています。成田に帰国して、深閑としている空港にびっくりしました。なお、パリでは、日本が要求する厳格な鼻腔ぬぐい方式を実施ししているのに、成田では簡便な唾液検査で済ませているのも非科学的です。実施するなら逆でしょう。なぜ、国民や観光業界は声を上げないのでしょうか。コロナが始まったころ、日本特殊説がささやかれましたが、今は逆の日本特殊説ですね
私は2月の帰国の際、3回のワクチン、検査が2日間で2回陰性でも7日間、強制隔離されました。その頃、大阪では救急車や自宅でコロナで亡くなる人がいました。税金で健康な私がホテルに隔離されていることが悔しかった。外国からの訪問者全部を根拠もなく、特別視しすぎです。上限はもっと引き上げられるはず。
私のいるフィリピンですらワクチン接種があれば入国はスムーズに行われています。事前にPCR検査の結果などを登録する必要がありますが、それだけです。あとはアプリのバーコードを提示すれば待たずに入国できます。
シンガポールなどはもっと簡単でワクチン接種の証明書さえあればアプリの登録だけでPCRの要求もありませんでした。
日本が入国制限をしている意味がわかりません。もう少し、システムを活用することができないのでしょうか。
母国がロックダウンしている国からの入国は認めてはいけないでしょう。特に留学生は利権ビジネスになっていて、大学はおろか日本語学校への留学も、学費、旅費、生活費の一部が税金で補われるなんとも不公平な状況。マスク不要も日本人より外国人ビジネス向けですよね。あと、コロナが2類のまま、なんで入国の緩和できるが意味不明。年間1兆円の補助が未だに医療業界に流れて病院の赤字が補填されているという。これも利権ですね。
水際対策に効果がないのは、すでに実証済みです。
(大航海時代の歴史を振り返っても、水際対策が役に立たないことは明らかです)

それを考えるともっと大幅に緩和すべきだと思います。

政府が慎重姿勢をとっているのは、主に世論を気にしてのことでしょう。
水際対策を支持する国民が多数いるので、参議院選挙を前に刺激をしたくないのでしょう。