新着Pick
29Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
支払う意思と資金を持つロシアをドル建て債務の支払いでデフォルトに追い込んでも、痛みを直接的に感じるのは米欧等の債権者で、追加関税の痛みを蒙るのも、原油の純輸出国で対ロシア貿易の比重が低い米国でなく、原油の多くをロシアからの輸入に頼る欧州の消費者です。こうした制裁がロシア経済を米欧民主国家から切り離して貿易を難しくして追い込むのは確かでしょうが、返り血は、それでなくとも国民が物価の上昇に不満を抱く欧州が米国以上に浴びそうに感じます。「欧州などと検討している」とのことですが、欧州も一枚岩でないだけに、西側諸国における米国の力のほどが試されそう・・・ (・・;
別記事でもコメントしましたが、某サイトにおけるソブリンCDSの40%の回復率の仮説に基づいて計算されたデフォルト確率を見ると、ロシアは既に100%となっています。
ちなみに日本は0.35%でG7の真ん中です。
いよいよロシアがデフォルトになるのかも。その後の世界がどうなるのか、ロシアがどうなるのか、まだまだ予見はできないが、資金調達ができなくなったロシアが戦争を続ければ、第二のポチョムキンが生まれるかも。
経済的な面での次の一手。欧州のエネルギーのロシア依存がまだ続いている分、大変なのは欧州なのでさらなる欧州への説得も不可欠。
イエレン米財務長官は19日に開幕するG7財務相・中央銀行総裁会議を前にドイツで開いた記者会見で、ロシア国債を巡って、デフォルト(債務不履行)に追い込む考えを示唆したそうです。手厳しい..