新着Pick
139Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
このタイミングでの攻め!
航空機リースは、コロナ前から競争で結構料率が下がっていた(①)。コロナ禍では顧客の航空会社の稼働が下がる中でリースバックも発生した。あとはロシア向けのリースについては②がまとまっている。
そのなかで今は航空の動きも戻る中での投資。三井住友リース(SMFL)は、銀行連結→持分法に2018年に変更(③)。直近だと2020年11月のケネへのTOBなど投資を積極化させている印象(④)。

https://newspicks.com/news/3624110
https://newspicks.com/news/6784784
https://newspicks.com/news/3498807
https://newspicks.com/news/5405491
業績的にはコロナ禍で打撃を受け、さらにウクライナの件でロシアに貸している航空機は接収されそうで大きな特損という状況での攻めのM&Aはなかなかの決断
対象会社のことは知らないしバリュエーションが妥当化などはわからないので本件自体の評価はできませんが、保守的横並びの発想ではできない取り組みで素晴らしいと思いました
コロナ禍とロシアによる航空機没収(?)で、航空機リース会社は大損害を受けているはず。

その苦境を逆手にとって買収するというのは、実にクレバーな戦略です。

ウイズコロナの時代に入って航空機需要が回復する見込みが極めて高く、とてもいいお買い物だと思います。
良い買収だと見えますが、もう一声早ければもっと買い叩けるタイミングであったという点も指摘しておきます。

COVID前に航空機リース業界は年6-7%の高成長産業でした。世界の所得レベルの高まり、LCCの増加による新規参入組がリースを好むことなどから、確実な成長が見込まれていました。
COVID下で、リースのバックファイナンスがコベナンツにヒットしまくり大変な時期にありましたが、日本や中華圏を除く世界の航空市場はかなり元に戻っていることから、すでに世界的には成長は加速の見込みになっています。
行き着く規模は変わらないことから、2022以降の成長率は7-8%に底上げされる見込みです。

ということで、まだ苦しんでどうにもならない売りはあるものの、すでに成長見込みに戻っていることから、底値で拾いに行ったという状況ではないと考えます。
リスクリターンのバランスとして妥当な判断というところです。
ロイター通信が先んじて報じていました。三井住友フィナンシャルグループなどが出資する航空機リース会社「SMBCアビエーションキャピタル」が、同業ゴスホーク・アビエーションを買収する方針を固めたと。買収額は15億ドル(約2000億円)程度の見通しになるようです。ゴスホークは非上場企業なんですね。

「Aircraft lessor SMBC Aviation nears $7 billion deal for rival Goshawk, sources say」(ロイター通信)
https://www.reuters.com/business/aerospace-defense/aircraft-lessor-smbc-aviation-nears-7-billion-deal-rival-goshawk-sources-say-2022-05-14/
こちらの記事もご参考です
「航空機リース、ロシアで続々損失 保険会社と激しい戦いへ」(Reuters)
https://newspicks.com/news/7059876
航空機リース事業は、普段は黒子のようにエアラインの裏側にいて目立たない存在ですが、文字通りのビッグビジネスです。
エアラインが世界で1650社を超えるのに対し、いわば「大家さん」の航空機リース事業者は上位10社で世界の6割を牛耳り、寡占が進んでいて上位プレーヤーが圧倒的な価格支配力を持つビジネスです。平時はそれ故に高収益な事業なのですが、かつての湾岸戦争や、今回のコロナ禍など、世界的なテールリスクが顕在化するたびに業績が大きくブレ、その度にその時点で資金力のある主体による買収が起こる面白い業界でもあり、ソブリンファンドや、GE、モルガン・スタンレーなどの投資銀行が参戦し、撤収してきたという歴史があります。その中で今回は日本勢が勝負に出た形。次のサイクルではAmazonなどが出てくるかもしれません。

【エアラインビジネスのマクロ構造】
http://www.jadc.jp/files/topics/41_ext_01_0.pdf
【航空機リースビジネスの世界シェア】
https://deallab.info/aircraft-lease/?amp=1
三井住友ファイナンス&リース株式会社(みついすみともファイナンスアンドリース、SMFL)は、東京都千代田区に本社を置く、日本の最大な総合リース会社の一つであり、三井住友フィナンシャルグループと住友商事双方の持分法適用関連会社である。 ウィキペディア

業績