新着Pick
230Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
勤務先の学生は、「忙しくてもやりがいのある仕事をしたい」という層がけっこういるのですが、地方の大学に行くとものの見事に「公務員」「残業したくない」ばかりになります。(地方公務員も残業多いんですが)

ただ学生さんには「20代ではなく30代の働き方を見てこい」と強調しています。30代に保育所のお迎えに行けなかったら、共働きの子育てはできないから。そして「子持ちの女性の管理職が多いかどうかが、そこがWLBのとりくみをきちんとしている会社かどうかを見抜ける一番簡単な指標」と伝えています。
良い事だと思います。
20代の理不尽な丁稚奉公みたいな
残業は無くなるべきだと思います。
私の新卒時代は意味不明な残業多かったな。。。

あとは個々人の裁量になりますが、
ビジネススキルがホワイト(=スキルなし)
にならないように磨き続けないといけないですね。
努力によって一層差が出てくると思います。
働き方改革実現会議の委員だった私としては会議の成果物である「働き方改革実行計画」の結果を見ることができる嬉しい調査でした。有給取得率は改善して60%を超え(以前は50%いかなかった)、また残業時間の減少は各業界で顕著です。
「新人を育成する時間がない」など不評も聞くのですが、そもそも寝る時間をけずっても育成したり、働いたりする前提の方がどうかと思います。20代の残業は顕著に減っていますが、その分管理職が仕事をかぶっていないかが気にかかります。しかし、「残業は善」(生産性に関わらず)という意識は確実に変化していることがわかります。
いいことですね。

なんとなく先輩より早く帰れないとかがリモートで減ってるのもあるんですかね。

面白い仕事も若手に降りてない不安だけ残りますが
身近な大企業において、若手の残業時間を制限する必要性が高まったことで、管理職が役職に相応しくないような作業をしなくてはいけなくなってるケースが増えています。

このような流れが広がるのは危ういですが、適切な対策をとろうとしている企業は今のところ見当たりません。
無駄な残業が無くなるのは非常にいい傾向ですね。
一方でがむしゃらに量をこなす20代を過ごすことで成長を実感した人も一定数いるのでは。そういった経験を今の若手は得られにくいのは若干可哀想な気も。
ホワイトというより、労基法が本来想定している姿になりつつあるということなのでしょう。

あくまで法の趣旨ですが、残業は異例のことだし有給休暇は法律で決められた権利です。

私が銀行員だった頃のように、サービス残業が当たり前、有給休暇も病気にでもならない限りは取得できないというのは、明らかに異常でした。

労働時間が減少すれば、日本の低い労働生産性も向上するかもしれませんね。
新卒や中途採用のときにも、学生の皆さんの質問事項は、一つは働き方がどうなっているか、ニューノーマルな時代にコロナ後でもハイブリッドな働き方が維持されているかどうか、それからジェンダー関係なくダイバーシティが進んでいるかについてです。仕事とプライベートの時間を共にウェルビーイングを追求しながら働けるキャリアであるかどうかに重きをおいて知りたがる方が多いように思います。良いことですね。
ブラックな働き方は、ビジネスモデルと人のマネジメントの問題なので、そこを計測して変化が現れなければ実質的に働き方の質が低下しているのと同じです。
 
先日ダイドーさんの自動販売機のビジネスの話で、科学的なアプローチで効率化が図れたってやっていたのが良い例ですね。
有給消化が増えることはいいことですが、残業時間が減ることは、残業代の現象を通じて家計の可処分所得減少につながっていると思います。
これが働き方改革のマイナス点です。