新着Pick
169Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
Ouraリングとの違いが気になります。Ouraリングは意外とごっつくて自分は装着感が気になります。ウォッチタイプよりも精度が高く、測定項目も多いと期待されていると思うので、実際にどのようなデータが出てくるのか注目していきたいと思います。国内初のプロダクトということでも注目しています。
スマートリングではフィンランド発のOura Ringが有名ですが(最近ユニコーンになりました)、日本のスタートアップSOXAIも昨年テックアクセルベンチャーズ、 PKSHA SPARXアルゴリズムファンド(PKSHAとスパークス共同ファンド)から資金調達して開発、販売を加速させています。SOXAI:https://soxai.co.jp/

創業時に国内外の関連論文を1000本以上読み漁り、国内外の研究者にアプローチしたとありますが、そもそもバイオセンサー領域の研究者は世界でも数少ないです(なので、Apple Watchに血糖値測定がなかなか搭載されていない)

自分はOura Ringを使っているので移行するのはなかなか難しいのですが、今後の開発、販売をすごく楽しみにしています。
健康状態をチェックするために、小型のスマートウオッチを使っていましたが、(スイミングの時に外さなければならないなど)いささか鬱陶しい。

ジムのローカルルールでスマートウオッチを付けたままではスイミングができないのです。

これをリングで代替してもらえれば助かります。

より一層の手軽さとお値打ちさが出てくることを期待しています。
スマートリングのクラファンはいつも活況ですね。私はスマートウォッチを愛用していますが、よりバイタルデータの精度を上げてトラッキングしてほしいのですが、アプリの通知機能も同時に並行してウェアラブルデバイスに求めているので、まだリング型に食指が動きません。

バイタルデータで精度を高めたトラッキングをして数値を理解した後に、「じゃあどうすれば良いか?」を促すことができればよいのですが、医療機器認定(米国であればFDA「米国食品医薬品局」)されないといけないので、ウェアラブルデバイスの立ち位置は難しい、、、と感じています。
睡眠トラッキングの為にApple Watch7を使ってますが、血中酸素レベルの誤差が大きいのとトラック間隔が長すぎて使い物にならないんですよね
(1時間や30分間隔じゃ無呼吸は取れない)

こちらは指輪なので精度は出そうですが、トラック間隔はどうなるんですかね
バッテリーの消耗とトレードオフなので難しいとは思いますが
もう30年ほど前、MITのアサダ先生がリングセンサーって研究してましたねぇ 当時はへーっておもってただけでしたが、30年経って実物になると、へーって思いますねぇ

(読み方を変えてくださいね、2つのへー)
発売されてレビュー見ないと実力はわからないよね。
Oura(Gen3)、Apple Watch、fitbitの全てを装着して自分のバイタルを計測しています。

計測精度が一番高いのは、電極が密着しているOuraなので、このリングも、その意味では同じ強みがあるでしょう。

但し、肝心なことは「蓄積されたデータによる正しい分析」と「アプリにより適切な情報提供と助言」であり、それは長年のデータ蓄積と分析能力に依存します。

後発でOuraを抜くためには、その部分を、どう克服するか?Ouraからのスイッチングコストを支払ってでも乗り換えさせる魅力づくりが鍵となりますね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません