新着Pick
250Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
論点の多いテーマです。2012年11月、野田佳彦首相と安倍晋三自民党総裁の国会の党首討論で、議員定数削減を条件に衆院を解散するという事態になりました。当時から議員自らが血を流すべきであり、それは議員定数の削減だという考えが根強くありました。安倍晋三氏は首相になると、なかなか削減に乗り出さず、野田氏から「嘘つき」と呼ばれるのですが、そもそも論として、日本の議員数は多いのかという議論があります。英国など欧州に比べると少なく、米国よりは多いのですが、議院内閣制と大統領制とは比べられないというなるほどの指摘もあります。公務員減らしに血道を上げてきた日本は、世界でも異例の公務員の少ない国になり、その弱点がコロナ禍で浮かび上がりました。議員の数は民主主義のあり方にに直結することであり、慎重な議論が必要です。
一方で、行司役の衆院議長が、その役目とは反対の発言をすることは明らかにおかしいです。また「魔の○回生議員」たちの振る舞いをみると、即刻削減したくもなります。
やはり悩ましい問題です。
まず、大前提として、国政は企業経営とは異なる。国家運営に携わる人たちは高邁かつ高潔な理想を胸に、サラリーマン経営者とは一線を画した心持ちで国家運営に取り組んでいただきたい。100万円の月収は国民の血税から搾り出したものである、と言う至極当たり前の事実を念頭に置いた発信が出来ない方には携わってほしくない。

もし、国家運営が企業経営と同じなのであれば少子高齢化への対策を取ることができず、他の国々よりもGDPを伸ばせなかった国政は0点と言うことになり、収入も減らさなくてはならない。企業なら経営層や管理職は高級取りなので業績が悪ければ早期退職や退陣の対象になる。株主は出資者でありステークホルダーの国民と言うことになり、責任を取って戴かなくてはならない。創業経営者のように自身の財産や身分を投げ打って投資をしてるわけでもないでしょう。(一部の政治家の方は勿論、私財を投げ打って国政や県政に参画してるとは思うのですが)

でも、別に霞を食って生きろとも思わないですし、必要なお金はしっかりと受け取ってもらわないとこれまた収賄の温床になるわけです。

衆愚に陥りかねないので、企業経営と同様に語るのがそもそもの間違いである。
おそらく、発言の中で「ヤバイ」部分を抜粋しているのでしょうが、庶民感覚とのズレは驚くほどです。

毎月100万円だけでなく、交通費無料、公設秘書無料など様々な特典をプラスすればデフレ化での庶民には受け入れられない発言です。

日本人の平均年収もご存じないとしたら、それだけで議員失格ですね。
逆だよ。居眠りばかりの無意味なジジイに給料払うくらいなら議員の数を減らしてもバチは当たらない。そもそも日本の人口は減っているんだから議員も減らすのが筋。
ううーん。政治ネタは普段はコメントしないのだけど、あまりに感覚が違うので。議員定数の話には触れず、100万発言への反響についてのみ。

そもそも、人間が働く上で一番重要視されやすいものってやっぱり給料で、給料に見合った人間がその職に就くよね、と自分は思ってます。そういう意味で、国会議員がこの額はちょっと安すぎる。
「1億の給料を出してでもこの人にやってほしい!」って人に議員になってほしいし、そうなるためには実際に高い給与を出すべき、と思う。この感覚は多くの人に持っててほしいし、これがないまま国会議員や公務員を報われない職にしてしまうのは本当に危険。
ちゃんと仕事して頂いている議員さんであれば増額してもいいと思いますが、どう見てもおかしな議員さんも結構いますよね。。。
細田議長は良識派なのかと思っていましたが、一票の格差縮減のための議員定数増減にも反対したり、何か「ずれ」が大きくなっているのかな。

議員歳費削減や定数削減に強くこだわるものではないのですが、以下の事項を進めて欲しいと思っています。
・一票の格差の縮小
(→どう考えても民主主義の基礎を軽視していませんか)
・ネット投票の解禁
(→若年層の投票率向上には必須では。個人的にも強く希望)
・小選挙区制の再検討
(→中選挙区制の弊害が目立ったので小選挙区制にしたわけですが時代も人も変わり再度見直しも必要な気が)
火に油を注ぐ。議長ともあろう立場で何を言っているのか…。
感覚の違いが露骨に出ています。「政治家は皆、同じように思っている」と、思われたくない。
賛成です。定数増やしましょう。ただし、毎回激しい選挙なので、月40万くらいで十分だと思います。
細田さん「(自分が会うような巨大企業の)上場会社社長は1億もらっている」