新着Pick

Pixel 6aどころかPixel 7、ウォッチ、タブレットまで発表! Google最新テックお披露目会Google I/O 基調講演 #GoogleIO2022

ギズモード・ジャパン
本日5月11日の深夜26:00(5月12日02:00)より、Googleの開発者向けイベント「Google I/O 2022」がスタートします。 ギズモードでも、基調講演のストリーミングを見ながら、発表された内容をどんどん記事にまとめていく予定です。この記事のURLでは、ライブの内容をリアルタイムでレポートに起こしていきますね。夜更かしはまかせろー!
512Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
フィットビットを搭載したGoogleのスマートウォッチの発売に期待しています。

ただし、睡眠も記録したいので夜間に外したくはなく、充電間隔が毎日となると使用に耐えられないなと感じています。

使用電力を最小化して、週間単位で利用できるようになると、実用度がぐっと上がってくるので、それまではOuraringで我慢かなーと考えています。
今回は2023年のPixel7もチラ見せするなど、先取りの内容もありました。

個人的には「GoogleGlass」。2012年に「Project Glass」プロジェクトを発表してから、開発者向けに提供したとかチームが解散したとか色々噂はあったけれど、10年を経て、現実に近づいてきた感があります。とても楽しみですね。

GoogleLensの機能はすべてがGoogleGlassの世界に繋がります。メガネで見渡せば、花の名前もメニューの翻訳もできるし、棚にあるコーヒー豆で人気のものも分かるし、目の前のレストランの評価も分かっちゃう。

最近は食べログの評価よりGoogleMapの評価という人が増えたことで、MEO(Map Engine Optimization)というGoogleMapのクチコミ評価をしっかりあげていくことが重要視されてきています。GoogleGlassの世界に向けて、今からMEOにも取り組んでおかないといけないかも?
一世をフウビしたfitbitが、アルファベットに昨年買収されてどんなプロダクトに仕上がってくるのか、とっても楽しみにしています。

私はAppleユーザーとして長いため、使い勝手としてApple Watch超えるものにはなりようがありませんが、これだけはちょっと買いたいと思ってます。

Googleのハードウェアが、バリューチェーンを遡って統一しているほどのこだわりをするAppleに並ぶ日がくるのか楽しみ。
Google I/O2022、特にサプライズはなくAIを軸に既存サービスのアップデート。Big5のなかでドキドキがあるのはMetaだけ。多くの人が分かりやすく未来を感じるのさARグラスが出てきたタイミングだろうな。ブロックチェーンとAIの進化は多くの人に分かりにくいから
PixelにTabletにWatchと全部正常進化で売れると思うけど、Googleならではの特別感やWowはそこまで無かったかも。

円安のいま、円建ての値付けが気になる。
Pixel 6aはドル円のレートよりは割安(4,000円くらい)。
販売国の制限は無いみたいですが、日本市場の重要性が高いということなのでしょうか。

Google Walletで日本がComing Soonになってるのは、マイナンバーカードと関係があったりするのかな。

来年以降も含めてだと、タブレットなど大画面向けの改善、ライブビューとARCore Geospatial APIの発表が今回のポイントだと思います。
今の時期に発表するということは、「Appleの新製品を買わずに待っていてくれ」というメッセージが込められているのかもしれませんね。

アイコンタクトで起動したり、セキュリテーの強化が興味深いです。
これはすごい!iOSならApple、AndroidならGoogleのような二台巨頭が登場した感じがします。私は基本デザイン重視でiPhoneを使っていますが、これならGoogle製品欲しいですね。Chromebookとかも妹が使っていますが、すごく使いやすそうで、パソコンもスマホも全乗り換えするタイミングがあるかもしれません。
Googleがハード機器を作り始めた2000年代当初、使ってみてその時の使いづらさから離脱し、その後ずっと戻れていないのですが、さすがに色々と変わっただろうと思うので、興味が湧きます。
沢山の新製品が発表されましたね。

日本はiPhoneがマスを取っているので、あまり興味を持つ人は少ないように思えますが、デバイスはGoogle端末で揃え始める、という方が増えてくるかもしれませんね。