新着Pick
211Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
レイヤー化して物理層とアプリケーション層を分離しなさい。それで全て解決だ
まず、一番の問題は経営の高年齢化だと思う。少なくとも逃げ切れる世代が舵取りしてる時点で何も起きない。
まずは、ネット系の人材と経営マインドのある人材を大量採用することが近道かと。
今日の日経にもソフトバンクの取組が掲載されてますね。チャンネルより番組毎にできたら、もっと便利。

http://www.nikkei.com/article/DGXLZO79782570W4A111C1TJC000/
この記事を読んで気がついたことは、映像検索が進化すればするほど、番組表同時送信のビジネスモデルが崩壊し易いということです。となると、映像検索システムの進化にあうビジネスモデルを探せばいいのでしょうね。観光宣伝も同じことが言えます。
若い人にテレビを楽しんでもらう方法が分からない。だから聞く。シンプル。
最後の新聞、出版界の総括コメントは
厳しいけど、現実なんだな。それから
学びとれるものはテレビ界隈にはある
テレビ局のオープン化は、個人的にもアリだと思うけど、オープン化は普通は新規企業がクローズドな独占市場を攻めるのに効果的な手法というイメージがあるので、難しそう。実際問題としてはクローズドである事が強みだったりビジネスモデルだったりすると、パンドラの箱になりかねなかったりするので悩ましいですね。
NHKが番組のネット配信についての発言で戦々恐々としているようではテレビの未来はないように思う。根本的に変わらないといけないと思う。
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO79538640R11C14A1000000/
みんな分かってるけどできないのは組織構造と収益システムからでしょう。
テレビはニコ動なる必要もないし、Netflixになる必要も無いと思う。
テレビは常にフローである存在で、そこにストックするアーカイブ等の補完ができればベスト。その構造を考えるべきだと思う。
あとは他人任せたがコンテンツ勝負でしょう。事実、半沢、あまちゃん等、テレビも勝負できることは証明してるわけで。
この連載について
これからのテレビはどう変わるのか、テレビの現場で起きつつあるイノベーションを紹介。
株式会社ユーザベースは、経済情報に特化したニュースキュレーションサービス及び企業・産業分析を行う人向けの情報プラットフォームを提供している日本の株式会社である。 ウィキペディア
時価総額
230 億円

業績