新着Pick
250Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
大型受注。ただ航空機は炭素繊維でも特に高品質を求められるし、東レはBoeingとずっとやってきた。良くも悪くもハイリスク・ハイリターンで一蓮托生の運命。
個人的には、自社技術があるなかで、昨年どちらかというとローエンドに強いゾルテックを買収した経営判断が素晴らしいと思っている。高品質という点だけでなく、安く一定の品質を作るのも技術のあり方。そしてそれを自社だけでなく、他社買収含めてやるというのは、当時の記事でMatsumotoさんコメントされているように、なかなかできることではなく、お見事。
https://newspicks.com/news/191158/
https://newspicks.com/news/203512/
人気 Picker
凄い!1兆円の受注だ。「炭素繊維は年率15%で需要が伸びる見通し。東レと帝人、三菱レイヨンの日系3社で生産ベースで世界シェアの約5割を握る。」日本の牙城だ。積極的に投資して、優位を維持ししてほしい。
「10年以上にわたる独占供給」とは凄い。技術はお金を生む。
東レ・帝人・三菱レイヨンの三社で世界シェアの5割以上を占める分野。今後も生産量を伸ばすための投資を積極的に行われるとのこと。飛行機だけでなくBMWi3など車でも使われ始めている炭素繊維の今後の可能性と日本企業に期待したい。
さすが。50年の苦労と蓄積の開花。話は変わりますが、航空機メーカー相手の商売はカネの取り方が独特らしいですね。ブレーキだったか、何かの部分は、何と「ランディング1回当たり」でチャージするそうです。
複合材の廃棄物処理がこれから鍵になるね。

元の原料はAN(アクリロニトリル)でアクリル繊維や合成樹脂の原料だから、前工程のアクリロニトリルの重合のところが本当に肝。後工程は設備と協力会社で「PAN系炭素繊維」が製造できるけれど、前工程の重合は本当のブラックボックスだと思っている。きっとキーパーソン数人しか知らない世界。そのため、アジア勢がなかなかキャッチアップできない世界。
炭素繊維は、東レが世界シェア32%を占めている、とのこと。↓なかなかできませんが、こういう勝ち方は本当理想だな、と考えます。

「競合他社でボーイングが求める品質の炭素繊維複合材を供給できる企業がいないため、事実上の独占契約となる。」
日立が約1兆円で約30年めんどう見るイギリスの鉄道、日産が10年1000億円で独占提供するニューヨークのタクシー、これらも素材を炭素繊維にして欲しいものだ。
こんな分野があったんですね!繊維メーカーがこんなところで世界を制覇していたとは知りませんでした。きっと他にも、いろいろあるんでしょうね?韓国に技術流出させないでね!
帝人株式会社(ていじん、英:Teijin Limited)は、本店、本社を大阪市北区に置く、日本の大手繊維事業者。帝人グループの中核企業であり、事業持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
3,310 億円

業績

時価総額
7.60 兆円

業績

東レ株式会社(とうレ、英称:Toray Industries, Inc.)は、大阪府大阪市北区中之島に大阪本社、東京都中央区日本橋室町に東京本社を置く、合成繊維・合成樹脂をはじめとする化学製品や情報関連素材を取り扱う大手化学企業。 ウィキペディア
時価総額
7,072 億円

業績