新着Pick
377Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
まだ、これだけ売れてるのが脅威
紙vsネットみたいな記事はもうコメントするのやめようと思ったけど、日本の新聞は世界的に見ても圧倒的に部数が多いってのは知らなかったのでpick。
世界の発行部数ランキングで、読売がトップで朝日が2位ってびっくり。記事にある宅配網というのに加えて、地方紙より全国紙信仰が強いというのも聞いたことがある。
加えて新聞社の強さからのテレビのキー局の圧倒的支配力も日本独特。この辺は田中角栄時代の歴史的経緯もあって「テレビ局削減論」という本がさらっと読めて勉強になった
めちゃくちゃシビアなデータ。ただ、グローバルから見ればむしろこの数字は異常。発行部数大国ニッポン。
http://1000nichi.blog73.fc2.com/blog-entry-2021.html
全然関係ないですが、60歳以上のネット接続率は43%しかないようです。日本の社長さんは50代だと若いと言われるでしょうから、まだ60歳代が中心のような気がします。特に古い業態だとそうでしょう。これでは人工知能が全盛になるこれからの時代についていけないのはもう明らかですね!ネットがなければビジネスもない。日本丸は大丈夫でしょうか?
日本の新聞社の凄みは配達網。だが、それが新聞社ごとにあることが紛れもなく無駄。もっと新聞全体で流通を統合していってコンテンツにお金をかけられるようになっていかないと。
部数が減っても売り上げが危機に瀕しなければ大丈夫。要は体制が戦前と同じで、時代にそぐわないということ。
シナリオとしては、タブレットが普及し切ったらゲームオーバーではないか。紙はほぼ消滅し、新聞社は大リストラは必至。デバイスの普及は直線的ではなく、S字カーブで進むだろう。つまり臨界点を越えると、急加速する。それまでに有効な手を打たないと手遅れになる。新聞社にその危機感が持てるかどうかだ
わかっているのにできない業界体質を感じる。いまだに政治部、経済部、社会部、販売がコップの中で権力闘争し、外では新聞社間競争をしている。世界はプラットフォームとデータ覇権争いにメディアもまきこまれているのに。この状態で系列テレビ局への依存性が高まるとテレビもしんどくなりかねない。ニュースキュレーションションサービスを共同でやるくらいの業界全体の構造変化が必要と感じます。
シニアメディアに成長はないだろう。
本日、仙台秋保温泉に宿泊。Y紙の無料お試し購読紙がフロントに積んでありました。久しぶりに紙でニュースをよみました。
凄いな、これだけ売れてるんだなという。。でも販売網的にはある程度の網羅をしていることを考えると何かしら出来そうなことは多い。
朝、デニーズに行くと読売新聞が各テーブルに置かれているけど、あれも部数にカウントされてるのかな?
これだけネット環境の整備やスマホの台頭があれば、もはや新聞の将来性は微妙。
日経新聞は個人的に良記事が多いとおもうけど。