新着Pick
1286Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
スポンサード記事へのコメントとしてはふさわしくないかもしれませんが。

2020年度から小学校で英語教育が必修化されました。そうでなくても、何十年も前から中学校からは必修です。そこからちょっと類推してみます。

まずは学校で教え、それが入試に使われることで嫌悪感や苦手意識を持つ人を大量に生み出したり、「こうやれば入試は受かる」みたいなテクニック重視の教育が生まれたりしました。本来、外国語はその言語を話す人たちとコミュニケーションができる素晴らしいものであるはずなのに、捻じ曲げられた部分があります。2029年、そういうプログラミング教育を受けた人が増えてしまわないか心配です。

次に、そうは言っても確実に英語が得意な人は増えてきます。その時起こるのは「英語が話せないとリスク」ではなく「英語が話せるだけでは不十分」だと思っています。昔は英語が話せる人が少なかったので「英語が話せる」こと自体が価値でした。いまでもその価値は多少残っているものの、大事なのは「英語を使ってどんな仕事ができるか」になりつつあると感じています。

言葉を変えます。英語は、コミュニケーションのための道具です。プログラミングも、計算や作業を自動化するための道具です。包丁を使えるからすごいのではない。使いこなして美味しい料理を作れることがすごいのです。当然、道具の正しい使い方を学ぶことは重要だと考えます。しかし、真に重要なのはその道具を使いこなして何ができるのか。道具の使い方を知っていることだけを誇っていては駄目だと思います。
愚にもつかない思い出話です (^^;
主記憶装置48キロバイトのFACOM230-25/35が1億3千万円で大学に入った1970年代初頭に電算研というサークルでFORTRANを学び、就職後はすっかりコンピューターから離れたことがありました。最初に配属された140人規模の支店にあったのは電卓2台と手回し計算機が1台、あとは電気式の加算器と算盤だけで、パソコンなぞ影も形も無かった時代です。
1980年代初めに配属された職場で集計作業と資料作りに膨大な時間を費やすことになった時、世間に出回り始めたパソコンをくれとシステム部門に掛け合ったら「お前はワンマシーンという概念を知らないのか、システムは集中制御するから効率が上がるのだ。パソコンで勝手なシステムを作るなど許せない」と怒鳴られました。こっちは作業に潰されて生きるか死ぬかだ、と怒鳴り返したら、買ったが使えず埃をかぶっているNECのN5200があるから貸してやる、お前は使えるか使えないかのモルモットだと言って与えてくれました。
スプレッドシートなぞ無い時代ですから、フローチャートを書いてコーディングするしかありません。上司がくれた20万円の予算ではどうにもならず、その金で相談だけ乗ってくれと某システム会社に頼み、自らBasicで開発に乗り出しました。同僚にプログラミングを教えながら昼夜兼行で1カ月半かけてメインルーチン1本、サブルーチン19本、合計3万ステップほどのシステムが出来た時、某システム会社に、当社で受けたら2千万円でも引き合わない、業務を知悉しているからこそできること、と言われて嬉しかったのを覚えています。当時、開発速度の目安は1人月1000ステップと言われていましたから、ベンダーに依頼すれば2人で15ヵ月かかるところです。若いうちにプログラミングを学んでおいて良かった、ということと、何より重要なのはシステムで扱うべき業務を知っていること、というのがその時の感想です。
この先、「ノーコード」とされるツールが拡がるのは間違いなさそうです。「プログラミングを一般教養として学ぶ」のも大事ですが、技術の変化は速いゆえ、時々のデジタル技術で何が出来るか、システムを使って何を解決したいのか、といったセンスそのものを身に付けることが何より大事であるように感じます。 (^.^)/~~~フレ!
言語を学ぶというより思考や論理を学ぶという点で意味があるような。
小学校受験の必須単元、規則性や法則を見抜く系列完成はプログラミングの基礎で、エクセルの中身でもある。こうした学習を途切れることなく中学くらいまでやっていたら苦手意識は大きくかわっていただろうと自分を振り返る。
比較的若い人向けのキャリアアップ向けの言葉と受け取りましたが、これは今の40-50代の次期経営層ほど真剣に向き合った方がよいと考えています。

ノーコードのBIツールが流行っていますが、あれは思考の幅を狭めます。BIツールで表現できないようなデータ分析にこそ違いが出る。
日常は定型化されたBIツールで十分ですが、次元を変えた経営戦略を立てる上で、そこから見えてくるものは少ない。
仮説をたて、施策実行の前にその立証をある程度行うためには、データの構造を理解し、自社がどのようにデータを捉えているのかを正確に把握し、その上でSQLくらい自分で叩けた方がすぐに仮説検証にうつれます。

プログラミング教育は、コーディングできるようになることを意味しません。0と1だけという本質的な、シンプルな世界で、物事を原始的にロジカルに捉える訓練です。

この記事は、シニア層にほど届いて欲しいですね。
学校などで楽しくプログラミングが学べるかどうかが、プログラミング技能の鍵だと思います。試験のためだけの勉強だと、正直、使い物にならない。だから、若い人が全員、プログラミング技能を持つかと言えば、そんなことはないはずです。でも、学校での必修化で、プログラミングに接する生徒は増えるので、プログラミングが得意な人の割合は確実に増えます。会社の先輩がどう対処するかですが、英語技能と同じかなと考えています。必要だと思えば、いまから基本技能を学べばいいし、学びたくなければ、他の強みを活かせばいいのでは。ただ、銀行のシステム障害のケースなどを見ていると、経営陣が誰もプログラミング技能を持っていないと、システムの何が問題なのかも把握できず、迷走しますよね。あと、みんな最低限のプログラミング、インターネットリテラシーは必要ですよ〜
ただ単にプログラミングを学ぶことを推奨することに違和感を覚えます。
プログラミングはあくまでも設定作業に過ぎません。
JavaやPython、PHPはプログラミングではなく、プログラミング言語です。

学ぶべきことは、「プログラミング」ではなく、「プログラミング思考」の方だと思います。
プログラミング必修化によって、一握りの人材がそうしなかった場合よりその分野で活躍するようになる事はあると思うが、ここで述べられている事にそれほど説得力は感じない。第一にこのような政府が旗を振った上からの方針によって学校教育が機能するとは思えない。他の教科と比べ、何故プログラミングだけはみんなが身に付けられると考えられるのか?プログラミングの知識を必要としない分野の仕事の方が圧倒的である。他の知識が同じならプログラミングの知識がある方がないより良いだろううが、プログラミングを学ぶことで諦める知識は必ずある。ただ、プログラミングも他の何かも、努力して学ばなければ、結局は何も身につかない。このような扇動的な記事に惑わされずに、皆自分の人生のやりたい事に注力すれば良い。
エクセルを使いこなすためには、プログラミング能力が必要。現実社会ではExcelが使いこなせればほとんど何でもできる。

1からプログラムを作る必要はないし、そんなことをやっている暇はない。

C言語が使えれば、世の中の事は何でもできると考えるのはかなりひどい錯覚だと思う。