新着Pick

原子力規制委員会田中俊一委員長の悲しい変貌 - マガジン9

BLOGOS - 最新記事
田中俊一氏という人がいる。原子力規制委員会の委員長だ。柔和な顔と穏やかな話し方で、いかにも学者然とした風貌の人である。その田中委員長の物言いが、このところ妙に乱暴になってきている。どうしたのだろう?2011年3月11日の東日本大震災と、それに続く福島第一原発の過酷事故。その事故の反省の上にたって作られた(はずの)原子力規制委員会委員長に、田中俊一氏が就任したのは、2012年9月のことだった。...
31Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
ある一人の人物にスポットを当てて遠回しに原発批判しているバイアスがかかりまくった記事。
過去にもPickしているが(下記①)、規制委員会に、原子力事業者から多額の寄付・報酬を受けている方が入っているというのは、規制の役割になりえない。
また、この任命は規制委員会発足時に内閣官房が作成したガイドラインの欠格要件に該当(同様に①)し。ガバナンスもヘチマもない、その中で再稼働を訴えるというのは、②に書いたように「やればできることさえもやっていない」ことの証左。
『田中知氏、原子力事業者から多額の寄付や報酬(判明しているだけで760万円以上)を受け取っていたことも判明している。』
https://newspicks.com/news/461982/
https://newspicks.com/news/690057/
立場は人を変える。
狂牛病で見られたような英国流の科学と政治の合議機関が、日本では人材不足でできないのでしょうか。準司法機関であるなら、経済的利害を持った人を排除するのは常識なのですが。
第一三共株式会社(だいいちさんきょう)は、東京都中央区日本橋本町に本社を置く、日本の製薬会社である。 ウィキペディア
時価総額
4.08 兆円

業績