新着Pick
137Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
下記とても面白い考え方!全体を読んでも、人間が制御するのではなく、ロボットが自らを制御するにはどうすれば良いかが研究の主眼。人間の脳は、様々な具象を抽象化することで作用してると思う(記憶の絶対量だとコンピュータに勝てないが、それでも人間しかできないことが多いのは、記憶の格納と活用が効率的だからだと思う)。その観点に、とても一致する。
『「ハードウェアは進化するが、ソフトウェアはいかに一般化・抽象化するかが重要だ」』
「ヒューマノイドロボットの分野では、日本は最先端を走っている。事実、欧米は今、日本を追いかけて人型ロボットの研究に励んでいる」というのは興味深い。やっぱり日本は世界的にも人一倍人型ロボットにかける情熱が強い印象はありますよね。もう鉄腕アトムが10歳になってるはずなんだもんなぁ。
日本人の私が初めて聞く事ばかり。こんな素晴らしい成果はMOOCsで公開すれば良い。投資家の理解も進み、海外の投資家に持って行かれることも無くなる!投資家の方々もいろんなIT技術に精通する必要がある。特に機械学習関連は必須!
ロボット(人工知能)の世界って人にとっては逆転の発想が必要になりそうだな。感情というのは時に合理的な判断とは逆の思考だしね。
結局、五感と動きをどう繋げるかが本当に難しいんだろうなぁ。
人間はそれを身体知でしてるんだけど、その身体知をどう再現するかにもなるのだと思う
東京大学新聞との共同企画ってのが、面白い。ってもう何回かやってんだっけ?