新着Pick
303Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ロボットすらいらないんだけどねほんとは
弊社のミッションは
「日本人の鼓動を煌めかせる」
これからの時代は、プロフェッショナルサービス業こそが、人間が人間である価値を提唱出来るんだと思う。

嬉しくたって、悲しくたって、切なくたっていい。感情の幅を我々は拡げるのだ。

それが人間である価値だと思う。
笑顔を提供。
「昔は良かった」と愚痴り出す。
ま、ロボットに職奪われる人はキャリア構築ミスだから本人の責任だけどね
ロボットレストランがその先駆けと思ったら大間違いだ。たた、あそこは最高だけど。
今はへー面白いって程度の話だと思うんだけど、単純な作業はどんどん機械に奪われていくはずなんだよね今後。おそらく5年後にはあんまり笑えない話になってるんじゃないかな
ここのところ職種を代替するコンピュータやロボットの話題が多いですね。
これはホームセンターの案内役。ホームセンターなら欲しいものは特定されていることが多いですし、品数も半端ないので確かに役立ちそうです。「これが欲しいのだけど」というのもよくあるシチュエーションですね。

店員を1名削減して、ロボットを1台入れるというのは、いろいろ想像してみる価値がありそうです。別記事で、ロボットと店員が二人組になって、すき家のワンオペ解消というコメントをしました。漠然とバックエンドがロボットと考えていましたが、むしろ接客の前面に立つ方が導入しやすいことも多そうです。案内や説明だけなら、すぐに実用化できそうですし、配膳・片づけもカウンター越しなら意外と近いかも。既に回転寿司で機械化に慣れているので違和感あんまりないかもしれません。
商品紹介の動画や記事作成といった、よりクリエイティブで楽しい仕事をすればいい
AIと聞いてロボットを想像するのは古くて、スマフォが店員になるとか、ブツのないロボットを考えたほうがよさそう
ご飯やさんとは話したいし、商店街のお肉屋さんとも話して決めたい。例えAIの方が的確でも。
とはいえ、時期は別にして必ずロボット比率は上がる。
行き着くところはネットで買ってドローン配送。
でも、蒸気機関、ライン生産、インターネット・・・付加価値の源泉は常に移り変わるんだし、むしろ楽しみ。