新着Pick
323Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
子供の自殺は戦後多く、高度経済成長で大きく下がり、90年から微増を続けてるとのこと。記事を読んでもいまいち要因は解明されていないがこの事実だけで非常に価値ある記事
よく出る「いじめが増えている」報道は、認定件数が増えただけでしょ、と思ってしまうが、自殺数はかなり堅いファクトで考えさせられる
90年代からということは明らかに経済情勢が影響していると思うが、どう子供に影響してるのだろう。「未来はよくなるさ」という「時代の雰囲気」に左右されるのか、親の収入減やリストラによるもっと直接的な影響なのか。気にあるなあ
学業不振で自殺とは子供がかわいそう。学校の勉強が全てではないことを周囲の大人が知らしめたい。
太平洋戦争中は急減していた子供の自殺率は戦後急増し、1955年がピークに。90年代以降再び上昇傾向に。年齢によって原因は様々だが「逃げ場がない」ことがいま大きな理由に。興味深い分析の数々。
データ大事だなぁ。
「今は子どもでも自殺する生きにくい時代だ」とか言ってるわりと人多そう。
成果指標の多様化を望む声があるけど、目標の多様化と同時に必要なのは多様な成長スピードの承認。みんなと同じタイミングで何かしらの成果を求められるのがまず辛い
まじか。。。
俺は自殺までは考えないまでもテスト燃やしたり、見られて家出したりしたなー。笑
幼い、学業でしか自分を計る指標がない時はこういうことも起こりえるんだろうな。
ちなみにこれに対する打ち手として習い事は有効だと思う。
大学までの教育内容で自殺しなければならない程重要なものはないと思います。社会人としての経験が大事であるし、また学生のとき理解できなかった分野も今ではネットでいつでも学習できます。もう均質な人材の大量生産はやめるべきでしょう。今社会で活躍している方は有名大学を出たからではそうなった訳ではありません!
若者の自殺率が減っているとは驚き。報道の影響で自殺の理由はイジメが多いと思っていましたが、「学業不振」とくに受験に関することだとは。そこまでプレッシャーを受けてまで受験をしなくてはいけないものなのか?親が期待しすぎなところに疑問を感じます。
まあ実際はイジメとかコミュニティ不信の方が多いと思うけどね。表面上本人が遺書に書いたり、周りが建前で利用しやすい理由なんでしょ。アンケートに基づくと真実を見損なう気がします、この手の問題は。