新着Pick
56Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本の貧困問題は根が深い。この記事にある通りアメリカは一部の超大富豪による富の独占が原因なので民主主義を機能させて彼らから徴税できれば解決する。

日本はそもそもそんな超大富豪はいないし、アメリカと違い経済が成長していないから再配分する原資がない。そしてお金が貯めこんでいるのがほぼ全ての高齢者なので、民主主義を機能させると彼らが勝ってしまう(苦笑)

本質的にこの問題を解決しようとすると多くの既得権との戦いが続きまくるので政治的に大変すぎるので、ハイパーインフレでガラガラポンにしてしまいそうで怖い… というかアベノミクスが失敗に終わると確実にそうなる。それだけの大ギャンブル。なので今は消費増税先送り、原発再稼働など経済にとって良いことは全てやり切るべきだと思う。日本国民は既にアベノミクスという大ギャンブルを選択したのだから、やるならやり切るべき。中途半端が一番良くない。
格差の何が悪いんだ?
よく言われる通り日本の格差はほぼ世代間格差。値上がりしたマイホームを持ち、たっぷりの退職金と年金で悠々自適の逃げ切り世代と、給与が下がり不動産も上がらず退職金も年金もなく増える社会保障コストを負担する若い世代。政治的な解決も難しく、もはやインフレを進めるくらいしか抜本的な解決策は思い付かないが逃れられない事実
少なくとも格差といってすぐにヒルズ族を思い浮かべるのはやめにしたい
社会保険料が世代間や年収によって格差が大きいという指摘のコメントが勉強になる。
所得税よりもそちらの対策が日本は急務なのかもしれない。
格差があって何が悪い?年収二千万と三百万程度の違いは格差じゃなくて、僻みという。税収の面で見ても、低所得者は優遇されすぎだし、自営業者の脱税が多過ぎる
お金(エネルギー)を平等にやりとりをすると、格差は自然に出てきます。よって、資産格差がない社会はある意味で不平等だといえます