新着Pick
24Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
経産省が7月にリリースして、すぐに見れなくなったA.T.カーニー委託した「石油化学産業の市場構造に関する調査」の続きか。
直近の元売りの話との合わせてだろう。記事「当面は、三井化学や丸善石油化学などの5工場が集中する千葉県内での統廃合が進むかが焦点となりそうだ」と、攻めて書いていますね。
【経済】日本国内の石油化学工場は研究開発とパイロット設備を除いて大部分を停止してもよいと思う。今後は高機能品や触媒、プロセスの研究開発を国内で行い、産油国で石油精製と石油化学の複合プラントで量産するというモデルにシフトしてゆくのが望ましい。
下記が元資料。石化・エネルギーに関連する方は、基礎資料として読んでおいて間違いはない。国内の議論だけでなく、世界全般の状況が分かる。特にエタン(中東)・シェールガス(米国)・石炭(中国)からエチレン生産したときのコストの議論や、世界プレイヤーと国内プレイヤーの、事業ポートフォリオの違い(60ページ)は一目瞭然で良い。
http://www.meti.go.jp/press/2014/11/20141107001/20141107001a.pdf