新着Pick
26Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
バイデン政権の核戦略が心配なのは、核抑止の使い手としての役割を回避しようしているように見えることだ。ロシアが核の威嚇を縦横無尽に威嚇していることに対して、米側が「ロシアに配慮」してICBM発射実験さえできないのは、どうしたことか。ロシアはこうした一つ一つの事象をバイデン政権の弱さと捉え、ロシアの行動範囲の拡大(ここでは核威嚇の適用拡大)に繋げようとするだろう。
アメリカはロシアに対する配慮をきめ細かくやっているが、ロシアの側がそうではない、というところが気になるところ。とはいえ、アメリカの介入を招くことに繋がるような行為は慎んでいるという点はまだ救いがある。