新着Pick
538Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
タクシーの空きキャパを活用した配送も一種のシェアエコノミーですね。アイデアとしては以前から出ていたけど、Amazonがやるとなるとスケールが大きくなる可能性も。
古くて新しい発想。昔、田舎のバスは新聞をはこんでいました。逆に沖縄ではハンカチタクシーという軽トラックがありました。ハンカチという物を運ぶ時に持主が同乗するという説明だったはずです。このように法治国家ですから、議論すれば問題がでてきます。それはそれで先進国ですから、必要ですが、ようするに、規制の中で細かい事を決めすぎるのでできないのです。それと欧米ではタクシーは地方行政ですからやりたいところはやれるのですが、日本は国が全国一律で、それを業界がのぞんでいるのです。とりあえず、自治体に権限を委譲し、トライ・アンド・エラーで進めればいいと思います。
ECで物流革命の可能性を考えていた際に、一つのアイディアとしては考えていたけど実際にやるんですね。あとは使えるリソースとしては、退職後の人とか主婦とか、空き時間マッチングで安価にやってもらうというくらいですかね。買い物代行モデルの一部はそれに近いことをやっているようですが。
面白いアイディアだな。配送の効率化に賭ける情熱がビンビン伝わって来る。
空きのタクシーを安く利用できるなら、あり得る。
パッションとチャレンジ精神が素晴らしい、多少の失敗があっても今までにない配送のあり方を示してくるそうですね。
タクシー側に配送中に客を見つけた時とか色々混乱や葛藤がありそうで、オペレーションとインセンティブ設定をどうするのか、とても興味深いです。
パソコンの遊休性能を束ねて大規模計算に使うという「グリッドコンピューティング」のリアル版ですね。
こうなるとタクシー以外にも「リアルグリッド化」できそうな資産は色々ありそう。
へー、アマゾンが配送にタクシー利用ですか。アメリカだとUberみたいなハイヤー系のところが配達サービスに出てきている印象だから、アマゾンとしてもカウンターが必要なんですかね。日本だとヤマトが優秀すぎるからあまり必要なさそうな気もするけど、どうなんだろう。
空きタクシーを使うのはすごく新しいし、斬新で良いと思うが、記事では『アマゾンは配車サービスアプリ「フライホィール」を使って同社の物流センターにタクシーを手配。届け先地域が同じ最大10個の荷物を各5ドル程度で配送』となっていてタクシー会社へのメリットが見えにくい。
タクシー会社や運転手がやるだけとインセンティブを供給できるかがポイントかと。
Amazonはあの手この手で配送速度向上に取り組んでるな。ドローンの次はタクシー!
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database(IMDb)などを保有している。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、GAFA、またFAANGのひとつである。 ウィキペディア
時価総額
171 兆円

業績

業績