新着Pick
149Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ICBM発射は2017年11月以来。当時は安保理決議2397を採択し制裁も一段と強化されたが、平昌冬季五輪のあとはトランプと米朝協議が進んだ。今回はすぐ対話とならず、ICBM発射も繰り返される可能性がある。
コメント欄がアホすぎて笑う。
全米を射程に収められるミサイルをわざと6000kmもの高さに打ち上げて実験してんだよ。日本射程の弾道ミサイルはとっくの昔に実用化されてる。いつでもうてる状態にある。
射程は弾頭の重さによるけどまあ小型の核爆弾なら余裕じゃないかなぁ。全米射程。
撃ち落とせとかいってる奴は大馬鹿。
当然、日本を超えて北米大陸まで届く可能性のあるミサイルを、故意に日本海に落としているわけです。地図を見るとわかりますが、半島の西側から最も飛行距離がかせげる地点を狙っています。つまり、彼らから見てEEZが凹んでいる所を狙っているように見えます。本当は、EEZの外側に落とすつもりだったのかもしれません。彼らは彼らなりに、日本に配慮しているようです。しかし、軌道を誤って着水点がEEZに入ってしまった。これが彼らのミサイルの制御の限界かもしれない(誤差大きい)。ほぼ垂直に打ち上げたので、日米韓によるレーダー観測は容易で多くのデータが取れたことでしょう。
北朝鮮公式の映像。

側近たちと共に格納庫から登場する金正恩氏。おもむろにサングラスを外し、発射を指示:
https://twitter.com/i/status/1507242223343001600

秒読みと「発射ーーー!!」の絶叫と共に打ち上げられる火星17号:
https://twitter.com/i/status/1507245193699160070

成功後、躍り上がる部下たちと共に喜びを共にする金正恩氏:
https://twitter.com/i/status/1507263758699470849
北朝鮮国営の朝鮮中央通信が、昨日新型のICBMの発射実験に成功したと報じたとのこと。
北朝鮮が新型のICBM「火星17型」を発射したのは、これが初めてとなります。

【“弾道ミサイル 北海道渡島半島沖のEEZ内に落下か” 防衛省】
https://newspicks.com/news/6857739/
射程だけでいえば、2017年に発射された「火星15」がすでに米本土全体を射程におさめていますが、核弾頭が火星15に載せられるほどに小型化しているかどうかははっきりしていないようです。15より大型化した17は、「米本土に確実に核を落とせるミサイルになる」というのが、米ランド研究所のブルース・ベネット氏の見立てです。

北朝鮮のミサイル開発にスカウトされた技術者、ロシアからもウクライナからも
https://globe.asahi.com/article/14574475
米国を完全に射程距離に入れたようですね。

しかし、よくよく考えれば米国その他の国も核兵器を平然と保有しています。

抑止力としての対抗措置だと考えれば、理屈としては納得してしまいます。
「ロフテッド軌道」で検索