新着Pick
63Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
つか、新卒採用とかクソシステムだよね
ここ二年ほど、自分の弟子を採る、というコンセプトで新卒採用をしているが、必ずインターンをするようにしている
理由は記事にかかれている通り
先日、学生に「何を見てるんですか?」と聞かれたけど、要は「一緒に働きたいか」なので言語化しにくいし「全部」ですね
重要なのはこちらがどれだけ時間を使って直接見るか。3日やるが丸1日くらいはベッタリ張り付けるように時間のやりくりをしています
やはり数日でも一緒に働くってことが重要だよな。
コンサルとか投資銀行はインターン必須の採用フローにしてるところが多いが、口先だけでない本当にタフネスを持った人の採用が比較的うまくできてると思う。
数日でも一緒に働いてみることは、採用側としても実際の現場と一緒にその人の仕事ぶりを見た上で判断ができるし、応募側としても言葉だけではない生の現場が見れるので、双方にとってとても良いと思っています。弊社でも出来る限りやっています。
ちなみに個人的には面接の場で「お互いのために数日一緒に働いてみませんか?」の問いに対するYes/Noの反応で答えが見えることがあります。本当に誠実で一緒に働きたいと思ってくれている人はこれを良い機会と捉えて嬉しそうにYesをくれて、そういう方の多くは働きぶりも素晴らしいです。
これはまさにその通りだと思う。クックパッドでも実践してたりする。
中途採用は、アルバイトで試せないので、リスクが高い。徹底的な面接と、実績の精査と、レファレンスしかないでしょうね。
企業にとってもアルバイターは潜在的候補者として有力であると共に、学生にとってもアルバイトで企業での勤務経験を持つことはとても有効。入社後に「こんなはずじゃなかった」というリスクを下げることができる。インターンによる囲い込みの泥仕合はどうかなぁ、と思いますが。
アルバイトを経験してお互いに見極めるというのは、賛成。
でも、うちの会社はスピード感とマルチタスク感がハンパなくて、アルバイトに任せられる仕事がどうしても雑用に近いものばかりになってしまう。
それだと申し訳ないので、やっぱりひたすら語るって方がいいのかなーと、模索中。
来年度から、就活に関する協定が変わることで、大手各社はインターンをとても重視する様な傾向。囲い込みが主たる理由かもしれないが、採用活動としては結果的にいいものになるのかもしれない。
イギリスなんかは無給で働きながら大学で勉強し、卒業後その会社に入るとかも聞く。
株式会社リクルートホールディングス(英語: Recruit Holdings Co.,Ltd.)は、求人広告、人材派遣、人材紹介、販売促進などのサービスを手掛けるリクルートグループの持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
5.28 兆円

業績