新着Pick
234Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
将来の経営予備軍は日本オラクルには5人とのこと。その中の一人の谷口氏、「アイディアを思いついて実行するだけ」という。「自分で考えて動く」だけなんですが、それだけで差がつく。
アイデアを思いついて実行することも
こうしてインプットしたものをアウトプットすることも同じだな。持ち腐れになっては意味がないなー
「厳格な基準により選出された将来の経営予備軍の数はワールドワイドで毎年100名強。わけても、日本オラクルには5人しかいない。」オラクルは明確に次世代の経営を担う人材を厳選し、育成しているんですね。とても興味深い人材育成手法だけど一部の人に光を当てる事で組織全体としてな副作用も大きそう。そのあたりをどのようにカバーしているのかも是非、聞きたい。
①アイデアを思いつく、そして、②実行する。②/①の遷移率を高水準で維持できる人は稀有で、それが大きな差となって結果に反映されるんだと思う。やるべき事がわかってる状態は多分そんなに偉くなくて、やらないことには価値は生まれない。自戒を込めて。
いいアイディア、戦略を思いつく人は少ない。そして、それを実行できる人はさらに少ない。
この言葉につきますね。
>「アイディアを思いついて、実際にそのアイディアを実行できるかどうかに違い」
谷口氏は、自身はトップタレントとは自覚していない、と謙虚な姿勢を貫くが、凡人とタレントを分けるものとは、「アイディアを思いついて、実際にそのアイディアを実行できるかどうかに違い」だと分析する。
どれくらいの年次からグローバル・タレント人材を発掘するのかというのも気になる。明確に「人材を伸ばす」ということに長けているマネージャもおり、将来的な幹部候補でそのマネージャを抜く場合でも、そこに入れることが必要なことがあると思う。
企業の教育は投資。したがってより将来リターンが得られる投資をするのは経済合理のかんがえからも数パーセントの幹部教育を行うことが実は一番大切。GEを見てもわかる。
「29歳で中途入社して3年で7人の部下を持つ営業部長職に」という評価や抜擢が行われる企業はまだまだ少ない。この辺に組織の問題があると思う。
日本オラクル株式会社(にほんオラクル、英語: Oracle Corporation Japan)は、米国企業オラクルコーポレーション (Oracle Corporation) (1977年設立)が、1985年に日本で設立した法人である。国内を拠点とした情報システム構築のためのソフトウェア製品、ハードウェア製品、ソリューション、コンサルティング、サポートサービス、教育の事業を展開している。 ウィキペディア
時価総額
1.28 兆円

業績