新着Pick
18Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「米大リーグ・カブスのオーナー家・リケッツ家と、金融サービス会社シタデルの創業者ケネス・グリフィン氏がタッグ」。ケン・グリフィンはここ5年ほどコンスタントに毎年2,000-3,000億円稼ぐヘッジファンド界の帝王だから、このタッグが大本命となりそう
同オーナーに利益が入らない形での売却を可能にする新たなライセンスの発行、とありますが、具体的にどんなスキームなのか興味深いです。
記載の通り「利益」なのか、厳密には「キャッシュ」を意味しているものなのか、でもかなり影響が異なりますよね…。
サウジから4230億円の買収オファーも。
2003年のアブラモビッチによるチェルシー買収額が273億円と言われてますから、20年で4000億円ほどクラブ価値が上がった訳です。

ウクライナ問題を原因とする保有権売却ですが、価値を激増させたクラブ&リーグ経営に改めて注目しなければなりません。
アブラモビッチ・オーナーの資産凍結を受けて色々な話題が出ているチェルシーですが、米大リーグ・カブスのオーナー家・リケッツ家と、金融サービス会社シタデルの創業者ケネス・グリフィン氏がタッグを組み買収するオファーが行われるようです。