新着Pick
88Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
お台場はコロナ禍前、アジア・インバウンドからの人気がすごく高かったです。ヴィーナスフォートは売上の3割がインバウンドと記事中にはありました。お台場の大江戸温泉もインバウンド旅行者で賑わっていましたが、こちらもクローズしてしまいました。しかし。2022年はインバウンド需要は部分的ではありますが復活してくると思われるので、引き続きポテンシャルの高い土地であるというのは記事中の森ビルさんのコメントの通りです。
時代とともに人々の嗜好は変化するわけだから、街も変わるのが必然。とはいえ、変わらない軸となるものもあるはずで、それが無いと刹那的な場所になってしまう。
それこそが街づくりのコンセプトであり、100年、200年と生き続けるものであって欲しい。
そのためにはやはり、ディベロッパーだけでなく、そこに関わる住民や企業たちが当事者として、「ここに居てよかった」と思えるような、誇りを持てる存在となることが重要なんじゃないかと思う。
ヴィーナスフォートができたころを思い出します。
素晴らしい施設なのに期間が来たら取り壊されてしまうと聞いてとても驚きました。
その時はなんてもったいないんだろうと思いましたが、まさにその時が来ると、やはり新しいものに生まれ変わる事が必要だとわかりました。
なんだか、一つの時代が終わった気がします。
しかし、また新しく生まれ変わって新しい時代を作っていくのだと思います。
今は楽しみでワクワクしています。
お台場の「ヴィーナスフォート」が27日に閉館となります。
現状「跡地にはスポーツ観戦ができる多目的アリーナや、環境や最新技術をテーマにした施設の実験場とする構想がある」とのこと。思い出のある方も多いと思いますので、少し残念ですが今後の再開発も気になるところ。
マガジンX4月号で、メガウェブの歴史を掲載しました。果たして2025年以降、トヨタ自動車と森ビルはどのような街を作ってくれるのか楽しみです。
2019年に品川・羽田(西側)とお台場・千葉(東側)を結ぶ国道357号の「東京港トンネル」が開通したことで、お台場へのアクセスは飛躍的に向上しました。レインボーブリッジを使わなくても一般道でお台場へたどり着ける動線ができた意義は大きいです。

お台場は公共交通機関のみならず、車での移動を鑑みた街づくりに期待できます。
ヴィーナスフォートとパレットタウンにはお世話になりました!時々家族でパレットタウンの観覧車に乗って、東京の夜景を楽しんでいました。また再開発されてスポーツ観戦などで伺えるのを楽しみにしてます。
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
45.5 兆円

業績