新着Pick
288Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
面白知ことが分かった。この記事のもともとの英語版を21時間前にピックして、一つのライクが入った。(有難うございます!)その後(16時間前)、上記の日本語版がでたらしく、それがピックされて142にライクされた。(まだ上っている。)やっぱりグローバル化と言っても日本語の記事に注目か。しかし、日本語の記事だけでは、世界のすべてのニュースや観点が入ってこない、、、。頑張りつづける。
やっと謝ってくれた。日本再評価だ。逆に言えば、日本ほどうまく厳しいデフレを乗り切った国は無いとも言えよう。欧州はこれから20年間ほど、下降曲線を歩むのみだろう。フォーブズの会合でも感じたが、世界の識者は、欧州に対してとてもネガティブだ。↓

「欧米が日本の教訓を全く生かすことなく、「起きるはずではなかった」数々の失敗を積み重ね、日本よりもさらに深刻な状態に陥ったからだという。デフレによって需要が落ち込めば債務不履行が増え、1930年代の世界大恐慌と同様の危機が襲うとしている」
堀義人さんのコメントには重大な事実誤認があります。クルーグマンは日本のダメなデフレ対策を批判し、欧米はもっとマシかと思ってました。しかし、実際には全然ダメ、日本以下だった。だから日本にゴメンよって言ってるんですよ。原文嫁。
日本への謝罪より、欧米の経済に対する警告というのが主題でしょうね。「日本のデフレから何を学んだのか!このままでは欧米はデフレスパイラルになるぞ!」といったところでしょうか。
特に欧州は、2009年のギリシア債務危機が表面化してから深刻な景気後退に見舞われました。その危機的な状況を脱してからも、ヨーロッパ経済はパッとしない状況が続いてます。特に今年はドイツ経済も冴えず、世界経済の足を引っ張る有様です。それは日本の欧州向け輸出にはダメージになるはずで、歓迎される状況ではありません。そういうことを考えた時、日本への謝罪を前に出した捉え方をしていると本質を見失うのではないでしょうか。
いやぁ、クルーグマンがすごくまともなことを言っている。欧州は日本みたいなヘマはしないと根拠もなく思いこんだはいいが、実際はヘマしまくりなのに未だにそれに気付いてすらいないように思う。
再度。。。皮肉を言葉通り真に受けるのはやめて頂きたいものです。
日本人だけが対象の政策と、多くの国民を対象にした政策では、実行力が違う。そこが大きい。
経済学者によっては逆のことを主張する人がいるのだろうな。実験が難しい経済学の研究は大変だ
批判するだけでなく、誤りは誤りとして認める。クルーグマンはやっぱりすごい。
でも、年末に消費税率10%引き上げを政府が判断したら、また批判されるよ笑
欧州の金融機関は、債務危機から完全に立ち直れていない。一部の銀行で不良債権処理を残したまま、ECBが追加緩和したところで、それは対処療法でしかない。まあ、それを前提にこの前のストレステストがあるんだろうけど。
景気後退を金融政策だけで乗り切るなんてできるはずがない。本来、政府による速やかで大胆な財政政策が両輪の一つとして機能するべきだけど、それがうまくできないことこそ、ユーロ圏が抱えるジレンマであり、問題の本質でしょう。