新着Pick
60Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
現時点で小麦もトウモロコシも急速に値上がりしていますが、特に小麦の方が顕著です。
https://markets.businessinsider.com/commodities/wheat-price
 2021年の秋に北半球で収穫した分についてはよいのですが、問題になるのは2022年からです。
 ウクライナで戦争が何か月も続いた場合、作付ができなくなるかもしれません。2022年の秋に収穫できたとしても、経済制裁によって、ロシアとウクライナからは輸出ができないかもしれません。全くできないということはおそらくなくて、中国などには輸出するでしょう。
 ロシアからの肥料の輸出も止まれば、世界各地で農業生産が減少することも予想されます。
 日本では、パンやうどんの値段が上がりはするでしょうが、買えないことはないでしょう。
 本当にしわ寄せがいくのは、中東やアフリカの途上国です。ただでさえインフレが進行していましたが、決定的な生活苦となり、シリアやリビアで戦乱が再発するきっかけになったとしても、おかしくはないです。レバノンなども、もはや経済がもたないのではないでしょうか。
小麦を中心とする穀物価格の上昇に加え、石油・ガスの価格が上がっているので、全体として一次産品の価格が上がり、すでにインフレ気味の経済に更なるプレッシャーになっている。プーチンはそれをわかって戦争を仕掛けているんだから、プーチンは世界に対して喧嘩を売っている。
日本の場合、種苗法改正の影響の方が怖いのではないだろうか。この問題、もっと注目してほしい。
ノルウェーの大手肥料メーカー、ヤラ・インターナショナルによると、ロシアのウクライナ侵攻で世界的に食糧供給のシステムが危うくなっているとのこと。

「ヤラは「地政学的状況が均衡を失い、欧州での食糧生産に使われる原材料の最大の調達源は利用が限られつつある上に、短期的な代替調達源もない」と説明。」