新着Pick
110Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
この分野は中国が進んでるんでしょうが、アイリスオーヤマがしっかり参入してCMまで展開しているのに注目しています
ソフトバンクと組んでいるようですが、価格は月額10万弱で3年間とお高め
どのくらい自律的に活用可能かということとあとは価格なので、人手不足で欠員リスクがあり、時給も上がり基調、管理コストもかかるアルバイトを雇うのとの見合いになります
記事のすかいらーくでは260万円で買い取りとのことなので、しっかりフルに働いてくれれば元は取れますが、故障や不具合で稼働できなかったり、その対応に却って人手がかかったりすると本末転倒になるのでしっかりオペレーションの中に組み込んで活用できるかによって元が取れるかの評価が分かれるテストケースになりそうです
業態的には通路が広く、席数もあり、比較的落ち着いた客層であるファミレスは確かに最適で、逆に他の業態ではそれぞれネックがありそうな気はします
人件費とのバランスだとホール人員△1名分くらい。ロボットやモバイルオーダーなど、既存オペレーションに付加だと結果上手くいかないケースも多く、それを前提として作り直す必要性もあります。
まさにシンガポールで行った海底撈でも配膳ロボットがいて、目新しさも薄れて普通の存在として稼働していた。火鍋のように、追加で具材を少しずつ注文したい場合などは、タブレットで注文&ロボットで配膳は合理的に思える。

ただ、この記事の写真のように、調理済の料理が、むき出しで不特定多数の飛沫が舞う空間を回り、しかも下段は衛生的に微妙な床に近いところにあるというのは、正直受け入れがたい。

パイロット導入でそういった課題が洗い出されて解決され、何世代か進化したら、一気に導入が進みそう。
インターンを飲食系の会社で行っていたころに知りましたが、配膳ロボが大体一台300万円ほどで、お皿などを運ぶウェイターさんを雇う金額と大体同じくらいか、少し安いくらい。上手な価格設定だなと思ったことを思い出しました。また、客として行く方も、最初は緊張というか変な感じがしますが、一度慣れてしまえば店員さんと異なり毎回同じ行動、動作で届けてくれるので変に緊張しないで済みます。
ルンバにアレクサが載ったようなもの、と考えれば
かなり便利で、コミュニケーションなども楽しめるものになる気がします。

重要なのはソフトとコンテンツですね。
アマゾンが参入してきたら独壇場な気もしますが。
追加注文も簡単なものなら音声でうまくできるかと思いますし。


さらに、
びっくらぽんのように、お客さんが自発的にシステムの一部として機能する仕組みをつけていくと、さらなる自動化とユーザー体験の進化が訪れるように思います。
お客さんが載せた皿の枚数が一定を超えたらびっくらぽんが起動する、のように。
あるいは、音声で追加注文すると特典があったりなど。
追加のたびにじゃんけんゲームなどでもいいかもしれません。
最近ホテルでもデリバリーを部屋まで届けてくれるロボットが増えて来たから、便利だよね、コロナの感染予防にもなる
すかいらーくグループ(英語: SKYLARK GROUP)は、「ガスト」「バーミヤン」「ジョナサン」などのファミリーレストランチェーンを運営する外食産業系企業である。また、株式会社すかいらーくホールディングス(英語: SKYLARK HOLDINGS CO., LTD.)は、すかいらーくグループを統括する純粋持株会社である。 ウィキペディア

業績

業績