新着Pick

国内クラウドファンディング 支援額TOP30まとめ

「『起業』を考える学生」を応援する。株式会社ウィルフ(WILLFU)
232Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本のCFはまだまだ規模もpjのバリエーションも少ない。だから日本発でも画期的プロダクト(Ringとかmoff)はKickstarterに流れてしまう。決定的な違いは、プラットフォームとなるCF運営側の影響力の低さにある。海外の大手CFサイトは、支援募集中のプロダクト・サービスをどんどん紹介、過去の類似プロジェクト支援者にもシェアしたり、精力的に資金募集者と支援者を繋げる仕事まで担っている。日本みたいにただプラットフォームだけ提供する、という仕組みから変わらないと全部海外CFサイトに流れていってしまうかと。
僕がボード入ってる企業の一事業も先日readyforでローンチしたばかりです!
『千年の瞬間(とき)を超え 〜古都鎌倉に石風炉温泉を蘇らせる〜』
https://readyfor.jp/projects/lefuro_kamakura
27位かあ。。。1位のはかなりドーピングしてるからなあ笑
大きい案件もあるけど、中央値は残念ながら50万円程度。しかも中央値の伸びは2014年に入って止まってしまった。。。

僕も先月全部データを取って分析したけど、累計調達額だとREADYFORが6.3億、Campfireが3.9億、MotionGalleryが2.0億、ShootingStarが1.4億、Greenfundingが1.2億、Makuakeが1.1億の順。2014年初来でもほぼ順序は同じ。
集計対象外のサイトでランクインしそうなのはMotionGalleryが1件とGreenfundingが2件。

実は中央値は各サイトであんまり変わらない。ShootingStarだけは大型案件に特化してるのか100万越えだけど。
TECH系のが少ない印象ですね。Kickstarterなんかで流れてくる、半分は「ネタ?」と思いつつもワクワクしてしまうプロダクトが少なく、良くも悪くも現実を見据えて実現可能性の高そうなものが多いのは、日本人の真面目な気質なのかな。
新人バンドが500万円〜1000万円集められる可能性があって、手数料が米国並みのクラウドファンドがあれば、日本の音楽ビジネスの生態系が変わります。どこか本気なところがあれば応援したいです。
いいものはKickstarterに流れてしまうんだろうな。「異能vation」も最終的にクラウドファンディングでお金を返還するってことにして欲しい。
意外にも企業利益優先的なプロジェクトに寄付が集まっている印象。今後、研究関連のクラウドファンディングも増えてくるといいね。
古い意味での左翼的な集団はオルグで階級が決まるので署名や動員、カンパに力を入れる。昔のカンパと同じようにFBでガンガン寄付を依頼してる人がいるので上位にちょっとそっちくさい活動がちらほら混ざってる。そういう人に捕まるとFBのメッセージでピンポイントに寄付の依頼してきて鬱陶しいことこの上ないし、オキナワだとかフクシマだとか色々と首を突っ込みたがるので関わらないに越したことはない。チャリティ精神が強い方であっても寄付先をよく見極めないとEMだんごを川に投げ込んだりしていて寄付する側も一緒に情弱認定されてしまう恐れも。