新着Pick

不動産の高騰はどこまで続くのか? - ヒロ

BLOGOS - 最新記事
2021年の首都圏の新築マンションの平均価格は6260万円でバブル期を超えた、とあります。近年の流れをざっくり言うと2000年代初頭に大量供給時代のピークとなり、首都圏では年間8万戸を超える供給がしばし続きました。当時ですら将来、日本の人口がさほど増えないことを意識し始めていたのになぜ、そんなにたくさんのマンションが生まれたかといえば「ライフスタイルのチェンジ」がマーケティング的にうまく乗せ...
3Picks
Pick に失敗しました