新着Pick
162Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
Astar Networkの渡辺創太による、Web3スタートアップの資金調達について。SAFTやトークンべスティングついても語られてます。海外ではICOから始まって色んな議論の中で、今の形になってきています。

日本の多くのVCはいまだにSAFTやトークンでの出資が出来ないところだらけ。大至急の対応ができないと、日本VCからの出資は海外からの調達の妨げにしかならないので、拒否するスタートアップは続出すると思います。危機感を持って行動しないVCはWeb3時代に取り残されることは確定。LPからのプレッシャーも凄く重要になると思います。

TK-GKスキームにするなり、ケイマンファンドにするなりやりようは色々ある。やらないのはただの怠慢。ちなみにgumi Cryptos1号はTK-GK、2号はケイマン。
Aster Networkの渡辺さんによるトークンでの資金調達について。SAFE、SAFT、トークンの分配などについても書かれていて、非常に参考になります。

国産「Web3」スタートアップのAstar Network、Polychainキャピタルリードで2,200万ドル(25億円)を調達ーー本田圭佑氏ら出資
https://newspicks.com/news/6634724
全く未経験の分野なので、読むだけで非常に勉強になる。文章書かれている渡辺さんの自身の経験から書かれている事がよく分かるが、具体的であり、かつ工夫を凝らしている事も強く伝わる。
"相手がどこまで事前資料読んだか"をDoc sendを用いる事で把握していたり。
また、調達の交渉相手への"評価の仕方・判断軸"もシャープ。

『クリプト特有なのは、ほぼ全投資家(a16zやセコイア、PolychainやPanteraも含む)が1週間以内に意思決定するくらいのスピードで物事が決まっているということです。なので、意思決定に数週間もかかる投資家はWeb3のスピードについてこれてないので今後のことも考えて入ってもらわない方がよいと思います。』