新着Pick
35Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
まさに産みの苦しみ。サービスの完成度は最後ここで決まる。読んでいて段々ドコモが好きになって来た(笑)
事実はひとつしかないが、それに接する態度はいくつもあり、こちら次第だ、という内容です。

本に書かれている事例は次のようなものでした。
52歳の男性が彼のところに相談に来ます。
非常な失意の中にあり、相談者は完全に絶望しているように見えました。
「生涯築きあげてきたものが元も子もなくなってしまいました。もう駄目です。私に残ったものは何もありません。希望もなくなりました。もう一度出直すには私は年をとりすぎています」。

彼は相談者に言います。

「あなたに残された資産を書き留めてみましょう」
「無駄です。さっき申し上げたように、何ひとつ残っていません」
「まあ、やってみましょう」

二人が書き留めた資産は、

「立派な妻」
「力になってくれる親孝行な三人の子供」
「相談者を助けようとし、尊敬している友人たち」
「まじめさ」
「良好な健康状態」
「信仰をもっていること」

そこで、ノーマン・V・ピールは言います。
「ごらんなさい。あなたは資産をちゃんと持っています。何もかもなくなったと言われたはずですが……」
相談者は恥ずかしそうに笑って、
「こんなふうに考えたことはありませんでした。事態はそんなに悪くないようですね」
このようにして相談者は、ものの見方、すなわち心構えを変えたことにより力を獲得し、もう一度出直すことができたそうです。

長々と引用しましたが、私の置かれた状況はこの本の事例と似ていました。
iモード電話機がなかなかできてこないという事実は悔しいし、心配だが、私のまわりは頑張ってくれている。こんな仲間がたくさんいることは喜ばしいことだ。このように考えて心の平静を保ちました。

この気持ちは本当に望んだ仕事で追い込まれた経験がないとわからない。
僕もいきなり社長になり最初の株主総会で土下座を覚悟した前夜は同じ気持ちだったな。家族と若い部下達が支えてくれたので平静に乗り切れた。
つい物事が自分の思うように進まないと心が乱れます。が、↓こんな考え方を知っていれば、事実を捉え直し、前向きな気持ちになれる、と考えます。

「事実はひとつしかないが、それに接する態度はいくつもあり、こちら次第だ、という内容です。」
人は誰しも大きな財産を持っていることを再認識させられます。
この根性が今のドコモには見られない気がする、、、