新着Pick
280Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
個人差が多いものを、枠でまとめようとし過ぎてる感じがある。特に経営者なんて優秀なプレイヤーというだけでは語れないと思う。三菱商事→ローソン→サントリーの新浪氏なんてプロ経営者の代表だし、規模が小さいところでは仁丹の社長も同様、反例がいくらでもある。過去多くの企業見てきたが、体感値としても優位な差がある感じがしない。
むしろ商社は、出資が多い関係で、記事にある外部の会社に出向や、海外に行くこと多い。その観点で5の業界トップ企業出身でないというところ除けば、個々人の経験次第で一番多くの人材プールとなる。そしたら、5の条件でフィルタリングするより、個々人見る方が、リクルーティングの精度は必ず上がると思う。そもそもこれだけの条件満たしてる人材プール少ないわけだし…
「『この経験は、将来役に立つはずだ』と意識」することが大切というが、本当に集中すれば、将来役立つかは考えない。好きなことを探し、見つけ、集中する。それが市場価値を高める。
外部環境が激しすぎて、
社内で経営者を育成するのがすごく難しいんだろうと思う。とくに柳井さんなどのカリスマ経営者であればなおさら育たない
三井、三菱の方々を、この連載で取り上げる「プロ経営者」という枠で評価することに無理があるのでは?彼らの良さはチームとしての粘り強さだと思う。ビッグネームに対しとってつけたような批評をして注目を集めようとしているなら、頂けない。
ローソン新浪さんや、サンリオの鳩山さんとかいくらでも反例がある気がする。それに三菱商事・三井物産だって海外に出れば日本国内ほどポジションは良くないはずで、記事で書かれているような懸念にあたらないのでは。あと、両社から転職する人の数が、そもそも少ないんじゃないでしょうか。
親が自営業の方がプロ経営者に向き易いと語るヘ
ッドハンター。幼少のみぎりからサラリーマン根性が染み付いていないからですかね。
三井・三菱はもちろん、トップ企業出身の素晴らしい経営者や起業家はいる。みんながあぐらをかいてるわけじゃない。トップ企業がトップ企業であり続けられるのにはそれなりに理由がある。
プロ経営者を探したいなら、そもそも業界トップ企業出身だからとか三菱三井出身だからとかで考えない方が良いと思う。
「世の中の経営者像が変わろうとしている」というには時期尚早。まだまだ、例外的事例でしかない。
タイトル勿体無いなー。すごく良い話が書いてあるのに、最初に変な想像して入っちゃう。
三菱電機株式会社(みつびしでんき、英語: Mitsubishi Electric Corporation)は、日本の大手総合電機メーカーであり、三菱電機グループの中核企業。 ウィキペディア
時価総額
2.94 兆円

業績