新着Pick
97Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
仰る通りだと思います。
副総裁再任を期待します。
いわゆるリフレ派の雄の若田部副総裁ですし、日本銀行自身、リフレ策でバランスシートサイズが極端に膨らんで、仮にインフレが昂進しても引き締めに転じることが極めて難しい状況に置かれていますから、万が一にも2%を超えた時に備えて予防線を張って置く必要もあるんじゃないのかな? というのは下衆の勘繰りですけれど・・・ f^^;。
インフレ傾向が見えつつも昨年の初めまで1%台に留まっていた米国で消費者物価指数の上昇率が7%に駆け上がり、後手に回ったFRBが、オーバーキルを心配する向きが出るほど急激な引き締めに転じようとしています。欧州のインフレ率もあっというまに5%を超えました。インフレ心理に火がついたら止めることは難しく「中長期のインフレ予想が2%に定着する」といった都合の良いことが起きる可能性は低そうに思います。インフレ期待といった掴みどころの乏しい心理に依存する政策の危うさで、2年間と宣言して始めたリフレ策が9年経っても成功しない理由の根源には、人間の心理を操ることの難しさがありそうです。 所得が増え難い我が国で「いまだ2%にアンカーされていない」と主張して高いインフレ率を求め続けたら、庶民の生活は瞬く間に苦しくなるでしょう。
金融政策が浸透するには相応の時間が掛かります。生産コストに相当する企業物価は欧米諸国と同じく9%前後上がっています。いつ何どき、これが消費者物価に波及しないとも限りません。この先、仮にデフレマインドがインフレマインドに転じても、たぶん、リフレの理論に従う構図でないはずです。黒田総裁の任期もあと僅か。このタイミングで引き締めに転じる必然性はないにせよ、黒田総裁の下で始まった異次元緩和について、出口の議論だけは内々にでもきちんとしておくべきであるように思います。
インフレ率目標に達していませんから日本の場合は金融緩和終了は時期尚早だというのはその通りと思います
「高圧経済」とは加熱気味の景気をある程度容認することで、景気が良くない場合には緩和的な金融政策と割り増しした財政政策を行います
高圧経済は比喩的に言えば、経済活動の血行が良くなります。停滞の懸念をその効果で払拭するのが狙いです
次の日銀も高圧経済を目指すポリシーの方のほうが日本の隅々にまで経済活性化が及ぶと思います
また、外国人投資家もこの辺りを注視しているでしょう
経済の過熱状態を容認する「高圧経済論」こそ、日本に必要な政策の方向です。古くさい「上げ潮」でもない、だらしない現状追認の「デフレ容認」でもない、イノベーションが誘発され企業が成長する、「高圧」の経済を作り出す、大胆な規制改革と若手登用の社会経済は日本人の誰もが望んでいるはず。それが出来ないので次善の策として「分配論」に流れる人が多くなっている、というのが私の理解です。若田部さんの主張は、それが正しく伝われば、日本人の多くが支持するはずです。
「若田部副総裁は、物価目標の達成には中長期のインフレ予想が2%に定着するかどうかが重要になると指摘。「日本では、中長期のインフレ予想はショックに対して反応しており、いまだ2%にアンカーされていない」と述べ、金融緩和の継続が適切な政策対応になる」

それに失敗したのがリフレ派の政策でしたね。

「基調的な物価上昇率の実績値がある程度の期間2%あるいはそれを超える水準を達成し続けることが必要だ」
「今の日本でこそ、高圧経済論を必要としている」
「企業が価格を上げることができ、それによって賃金や投資が増え、賃金を受け取った家計が消費支出に回していくという良い循環を作ることが必要だ」

言うだけは簡単だ。
米国は3月から利上げをスタートする事になりそうですが、日本は今後どうするのか、引き続き気になるところ。
アグリー。
財務省寄りの人間が日銀総裁になったら日本経済は沈没します。
ありがとう!これで岸田ショックから少し立ち直るか