新着Pick
317Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
面白い記事だ。「しょうがない」と言うコンセプトが、日本の弱み、だと。↓

「 実は英語には「しょうがない」という単語は無い。近い表現はあるが、端的に一言ですべてを諦めてしまうような、そんな便利な単語は存在していない。アメリカでは「しょうがない」と言うコンセプト事態が存在していない。」

以下も、全く同感だ。「すでに存在していた日本国内の類似サービスを買収する事は考えなかったのですか?」への答えだ。↓

「人の真似ばっかりをしてイノベーションを起こせないような会社を誰が買おうと思うか」

グロービスは、「人の真似」している会社に投資をしたことが無い。日本にもイノベーションがたくさんあることを、世界に示そうぜ!
悔しいけど事実。ルールは我々の社会をより良くする為には存在する。時代にそぐわなくなったらドンドンと変えていく必要がある。出来ない理由を、考えるのではなく、どうやったら出来るかを考えるていくことが重要。

***
日本の人々は妙に聞き分けがよく、出来ない理由をみつけるのがうまい。明らかに理不尽な世の中のシステムや、規制に対してもあまり疑う事はしない。「すみません。こういう決まりなんで。」と言われてしまうとそれ以上食い下がるケースは稀である。
的中の記事です。思うには、日本とアリカは”inverse universes”(反転世界)の面が多い。コーポレート・ガバナンス、経営などのにこれが頻繁にみられる。そっちの短所はこっちが強い、又はその反対など。どちらが優れているいるというよりも、客観的に何をお互いから学べるかの観点が重要。アメリカは250年の間、ダイバーシティを足かせから活用できるもの、グローバル化できる武器に変えた。でる杭でも、頑張れば、そりなりの成功できるチャンスがある(あった?)社会が、「やればできる」「とにかくやり方をみつけて工夫する」、トライの精神を産んだ。じゃないと、私は4年間無休で大金持ち出しをして、2009年日本にもともとあまり市場・需要がなかった「役員研修・ガバナンス向上」に専念するNPOを作る、というのような現実性のないことをやっていないだろう。http://bdti.or.jp/
私の感想では、日本は行政の規則は変えすぎるように思います。むしろ都市計画や地域計画はもっと長期的に、保守的でもいいのでは思うことがあります。欧州の街づくりを見習うべきではないでしょうか。頑迷固陋と思われる規則を守っていますよ。
いい言葉、素晴らしい!
しょうがない、は英語の単語にない、これはもっともだと思う

最近新しい取り組みにはネガティヴな反応が先にくる、というのを肌で感じる、そんなの関係なくぶっ飛ばして可能性を探る活動、それがイノベーションをうむ!!!
このマインドセットの部分はかなり大きいだろうな。
良い記事。しょうがないと言っていてはしょうがない。
Twitter(ツイッター)は、アメリカ合衆国、カリフォルニア州サンフランシスコに本社を置くTwitter, Inc.のソーシャル・ネットワーキング・サービス(情報サービス)。「ツイート」と呼ばれる半角280文字(日本語、中国語、韓国語は全角140文字)以内のメッセージや画像、動画、URLを投稿できる。 ウィキペディア
時価総額
4.04 兆円

業績

アップル(英語: Apple Inc.)は、iPhone、iPad、Macintosh(Mac)、その他ウェアラブル製品や家庭向けデジタル製品、それら諸製品のソフトウェアなどを開発・販売している多国籍企業である。2007年1月9日に「アップルコンピュータ」(英語: Apple Computer)から改称した。 ウィキペディア
時価総額
248 兆円

業績

スターバックス(英語: Starbucks Corporation、ナスダック: SBUX)とは、1971年にアメリカ合衆国ワシントン州シアトルで開業した、世界規模で展開するコーヒーのチェーン店で、シアトル系コーヒーの元祖である。 ウィキペディア
時価総額
12.9 兆円

業績