新着Pick
119Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
中国は人口的にもデータ爆発してますし、サーバールーム面積の成長率はもちろん日本より高い

問題は建設場所ですが、非常時の物理的な対応も必要なため都心に立てられる傾向があります
ただ、仮に都心のDCが使えなくなっても、重要な社会インフラほど非常時には別のリージョンにアクセスすることでサービスが停止しないようなソフトウェアレベルでの工夫もなされています
どんなに中国のデータセンターが大きくなっても、外需を取り込むことは考えにくいでしょう。そこで日本に勝機があるかというとそうでもないでしょう。結局は日本国内のデータセンターも多くはAWSやAzureなどのアメリカ企業の運営ですよね。
データセンターについてまとめられた記事。
地方でのデータセンター建設の話題も時々見かけますが、現状首都圏の割合が高くあとは、関西に集中しているのですね。

雪を活用した事例については下記のような記事も過去に出ています。
【豪雪地の雪、厄介者を武器にしたデータセンターの価値ストーリー】
https://newspicks.com/news/4604619
コロナでのDX、クラウド化、AI利用、5G普及。データの爆発は必至。そして情報安保からの国内志向。国内拠点の分散整備は国家的な課題です。
>>冷涼な外気を冷房として活用することで消費電力を大幅に抑えられるのが特徴で、都市部にある一般的なデータセンターと比較して、消費電力はおよそ4割少なくなっています。

冷房高っ
クラウドやデータセンターは、メンテナンス技術者の方々の、見えない努力で問題なく運用されています。

それらの努力は、甚大なもので、一見、普通に動いているように勘違いしがちですが、そうではありません。

従って、普通に動いている時も、トラブルなどで止まっている時も、運営とメンテナンスに従事されている方々への感謝を忘れないようにしたいものです。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
災害の多い日本だからこそ、国内での比較的安全な市域への分散とそこでの電源および高速回線の確保はどんどん進める必要があると思います。